Loading...

ボーナスの一般的な交渉方法とは

993

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナスの一般的な交渉方法をご紹介します。
ボーナスは労働基準法に明確な区分が無く、雇用契約に決められていない範囲であれば会社の自由にしていいものです。
一方で、会社が利益ばかりを追求しては労働者には不公平感が出るため、労働組合などを使って金額の交渉などを行う場合もあります。

ボーナスの交渉1,基本的に団体で行う

 

hand-819279_960_720
ボーナスは企業の利益を分配するためにあるもので、赤字の企業などでは出すこと自体が難しくなっています。
一方で、ボーナスを出した方が社員の士気が上がる物のため、赤字であってもボーナスを出す企業があるなど、経営による考え方は様々です。

  • ボーナスは会社の労働組合を通して交渉するのが基本

問題は、大きな利益が出ているにもかかわらず、社員への還元がない場合です。建物や設備の更新などで大きな投資が必要になるケースも有るものの、頑張った分だけ給料などで評価してほしいのが人間です。
そのため、ボーナスは会社の労働組合を通して交渉することが一般的です。
労働組合は決算の情報など、会社の経営状況を見ながらボーナスの希望額を提示し、会社と交渉を行うのです。

ボーナスの交渉2,互いの妥協点が見つける

 

ボーナス交渉で最も良い結果と言えるのが要求額が満額出ることです。
これは会社の経営自体に余裕がある場合や、ボーナスを出した方が社員の意欲が上がるなど、良い結果が生まれると判断された結果と言えます。
満額出せない場合は、それぞれの事情を照らし合わせた上で金額の交渉が本格的に始まります。
労働組合としては金額をなるべく多くしたいのが本音ですが、一方で会社に与える影響も考えなければならないのです。

  • 互いの事情を照らし合せた上で折り合いをつけること

会社側も今後の経営戦略や会社自体の構造上で出せると判断できる限界があります。
お互いに事情があるため、ある程度のラインで妥協点が見つけられるかが焦点になります。
企業がいわゆるブラック体質などの場合は、労働組合側もストライキを含めた強硬手段に出る事もあります。

ボーナスの交渉3,後ろ盾を得る

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ