Loading...

ボーナスの査定方法とやる意味について

717

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナスは会社の業績に応じて支給される一時金で、それぞれの会社により規定が定められているものです。
自分の会社のボーナス査定方法はどうなっているのか疑問に思う人もいますので、一般的な査定条件について幾つか紹介します。

ボーナスの査定期間とは

 

money-1038723_640
会社が従業員にボーナスを支給する為の基準として、査定期間というものを設けています。
査定期間に従業員に対して評価をして、ボーナスの支給額を決定するのです。
ボーナス査定方法を知る為には、この査定期間の仕組みを理解しましょう。

  • ボーナスは年に2回の査定期間がある!!

一般的にボーナスは年に2回、7月と12月に支給されます。
査定期間も年に2回で、従業員数や評価制度により期間は異なります。
ボーナス査定方法はこの期間内にどれだけ一定の基準を満たしたかで決められるのです。

  • 新卒は夏のボーナスは査定対象外

新卒の場合、入社後の試用期間は査定対象としない企業が多く、夏のボーナスは支給されないか寸志のみというところもあります。

勤務態度はボーナスの査定の基本となる

 

ボーナスは、従業員が日頃努力をして会社に貢献していることへの報酬であり、従業員はボーナスを貰うことで仕事に対するやる気を出すことができます。
ボーナス査定方法は従業員一人一人に対して行われているものですが、基本的には以下の項目が重要視されます。

出勤状況
会社で仕事をする上で重要視されるのが「遅刻をしない」という点です。
どんなに能力があっても遅刻が多かったり、急に休むなどのことがあると、評価が下がることになります。

勤務態度

ボーナス査定方法で重視されるのは能力ばかりではありません。
日頃の勤務態度も重要で、チームワークを乱したり、人間関係が上手くいかない為に仕事がスムーズに進まない場合、
評価が低くなってしまうのです。

仕事の成果

仕事の成果は一番ボーナスに影響し易い部分です。
特に会社の業績に大きく貢献した場合などは、一人だけボーナスの金額が増えることもあります。
数値的な成果はなくても、目標を達成できた場合には評価されることになります。

会社独自のボーナス査定方法もある!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ