Loading...

ボーナスの計算をする上で重要なポイント

286

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナスの計算をする上で重要なポイントをご紹介します。
社会人になって初めて貰うことができるボーナスですが、このボーナスというものは通常の給与とは別物だという認識を持ちましょう。
特にボーナスの計算に関してはどのように計算されているか分からない人がほとんどですし、新卒者の場合は特にその計算を知っておく必要があるでしょう。

ボーナスの計算の基準となるもの

euro-870759_960_720
まず新卒者が知っておくべきなのは、ボーナスの計算はなにが基準で行われるかと言うことです。
これはどの職業であっても基準となるものは決まっており、それが給与に占める基本給という部分となります。
基本給というのは最低限支払われる賃金のことで、働く上ではこの基本給にプラスアルファで各種手当てや残業代などが上乗せされることになります。

  • 基本給が低ければボーナスの金額も低い!

そのため総支給額=ボーナスの計算ではなく、総支給額から手当てなどを全て差し引いた残りの金額である基本給が、ボーナスの金額を決めるための計算に使用されることになります。
そのため毎月残業などで給与が非常に多く支給されている場合でも、ボーナスに関係するのはその中の基本給の部分のみとなりますので、基本給が低ければボーナスの金額も低いということになります。

ボーナスの計算では差し引かれるもの

ボーナスの計算をする場合には差し引かれるものも非常に多く、ボーナス支給額をそのまま受け取れるわけではないということも理解する必要があります。
基本的にボーナスから差し引かれるものは、社会保険料と税金で、社会保険料は健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料が差し引かれるのです。

  • 社会保険料を控除した残りの金額に対して所得税が課税される

介護保険料のみ40歳を越えた時点から差し引かれるので新卒者にはまだ関係ありません。
それでも3つの保険料が差し引かれることになりますので、手取りは少なくなるでしょう。
それと同時に社会保険料を控除し差し引いた残りの金額に対し所得税が課税されますので、さらにボーナスは減ると言うことになります。
そのため、実際の支給額と手取り額には大きな差が生まれることになります。

  • 総支給額から必ず社会保険料と所得税が差し引かれる

基本給が20万円でボーナスが基本給の3ヶ月分であっても60万円を受け取れると言うわけではなく、その中から必ず社会保険料と所得税が差し引かれると言うことは知っておく必要があります。
そうしないとボーナスを充てにしてローンなどを組んでいた場合、実際の手取りが少なくてローンが支払えないということも十分に考えられますので注意をしましょう。

ボーナスの計算を簡単に算出する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ