Loading...

ボーナスを金利を利用して効率良く増やすコツ

140

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒者が就職して楽しみにしているのが夏と冬に支給されるボーナスだと言えます。
ボーナスは給与以外に支給されるお金としては最大のものですので、つい使ってしまいがちになりますよね。
しかし新卒者だからこそあえて金利の高いボーナス定期預金を使用するのも良い方法だと言えます。

ボーナス定期預金を利用する

 

piggy-bank-970340_960_720
ボーナスが支給された場合、欲しいものを買うとか家族にプレゼントをあげるといった使い方は極当然だといえます。
しかし全額使い切るということはないと言えますし、残ったボーナスをそのままにしておくことは非常にもったいないのです。
なぜならボーナスをそのまま口座に入れておいても微々たる金額の利息が付く程度で、ボーナスが増えることはまずないからです。

  • 金利が上乗せされた分のボーナスを受け取ることが可能!

口座に入れっぱなしにしておくくらいであれば、金利の高いボーナス定期預金を使用するほうがボーナスを効率よく増やせます。ですからボーナスを使用する予定がなういのであれば、ボーナス定期預金を使用して金利が上乗せされたボーナスを貰らったほうが得しますよね。
そのため新卒者で始めて貰ったボーナスだからこと、あえて定期預金を使用して増やし、お金の大事さと今後に備えることも必要だと言えます。

ボーナス定期預金の期間と金利

 

ボーナス専用の定期預金は通常短期定期預金と呼ばれる期間の短いものがほとんどと言えます。
そのため通常の定期預金のように何年も預ける必要もなく、早いものなら1〜2週間、長いものでも3ヶ月程度で満期となり、すぐに定期預金を受け取ることが出来るようになります。

  • 通常の定期預金の10倍!0.2〜0.3%と高金利

金利に関しては0.2〜0.3%と高金利のものが主流で、通常の定期預金が0.02〜0.03%程度の金利だと考えた場合、実に10倍もの金利が適用されていることになります。
ただし、この金利は年利での金利のため、超短期定期預金の場合はそれが適用されていた場合でも利息の受け取りはそれほど多くはなりません。そのため複数の超短期定期預金を持ち回りすると言った使い方をすれば、効率よく利息分を増やしていくことが可能になるでしょう。

長期のボーナス定期預金を利用する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ