Loading...

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

最終更新日: // 73446 views

, , ,

ボーナス(賞与)の支給日はいつなのでしょうか。公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】をお教します。
ボーナスについて気になって仕方ない人は、今すぐチェックしてくださいね!!

ボーナス(賞与)ってそもそもなに?

gold-163519_640
ボーナス(賞与)とは、決まった期日に支払われる定期給とは別に支払われる給与のことです。基本的には夏と冬の時期、年2回支払われることがおおく、時期としては6月・12月となっています。
企業によっては、ボーナスが年1回や年3回というところもあります。また、ボーナスという制度を導入していない企業もあります。

  • ボーナスといっても公務員と一般企業の賞与には違いがある

公務員のボーナス(賞与)は、国家公務員は法律で、地方公務員は条例で定められています。そして、公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当という2つの手当を合算した額となっています。
期末手当は一般企業のボーナスでも馴染みのある定率で支給される賞与。勤勉手当は勤務成績に対する評価で決められる賞与です。

ボーナスの支給日はいつ?公務員と一般企業

business-18107_640
公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。
公務員って一般企業の人たちからしたら、分からないことが多いですよね。国家公務員と地方公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。
最初に公務員と一般企業それぞれのボーナス支給日について見ていきましょう。

  • 公務員のボーナス支給日は夏が6月30日、冬が12月10日

公務員と企業のボーナス時期と支給日はいつなのか?について紹介していくわけですが、 公務員は上記のように法律や条例でボーナスについて定められています。

ボーナス支給日は、国家公務員は夏の時期は6月30日、冬の時期は12月10日と法律で定められ、地方公務員に適応される条例も国家公務員の支給日に準じたり、それに近い支給日を設定しているケースが多いようです。
そのため、公務員のボーナスがいつかというと、6月30日と12月10日に支給されることが多い傾向にあるようです。

  • 一般企業の夏のボーナス支給日は7月初旬

一般企業の夏のボーナスは公務員の公務員の夏のボーナスの支給日より遅い時期が多く、ボーナス月は一般的には7月の初旬という時期が多いです。具体的には、「7月10日」ごろ、とくに金曜日が多いといわれています。
なぜこのような時期かというと、これは、企業側の都合です。 この時期になる理由として、月初めに充分に集金したいからという理由があるようです。

  • 一般企業の冬のボーナス支給日は12月初旬

冬のボーナスの時期、支給日は会社によって異なりがあるため、一概には言えないですが、一般的には、公務員の冬のボーナス月と同じで、12月5日、12月10日、12月25日などとなっています。
大企業、国家公務員、地方公務員は12月10日に支給される事が多いですが、民間の中小企業では12月下旬に支給するところもあります。

  • 結論:夏のボーナスは6/30~7/10、冬のボーナスは12/5~12/25の間に貰う人が多い

以上からいつボーナスを貰える人が多いかというと、夏のボーナスは6月30日から7月10日の時期にもらう人が多く、冬のボーナスは12月5日から12月25日にもらう人が多いようです。
支給日がいつかというと、特に多いのは夏のボーナスは6月30日と7月初旬の金曜日、冬のボーナスは12月10日と言えそうです。

ボーナス無いからお金が欲しいけど、少し不安。

ボーナス支給額はどれくらい?公務員と一般企業

>>>次のページ

トップへ