Loading...

リクルーターとの面接で注意すべき3つのポイント

934

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルーターとは、実際に企業で働いている社員が人事担当者から依頼を受けて採用の補助をする方のことです。リクルーターと会うときは面接の選考が始まっていると考えるべきであり、会う前にはしっかりとした準備が必要です。ここではリクルーターとの面接で注意すべき3つのポイントをご紹介します。

280

リクルーター面接の注意点1.選考が始まっていると心得る

 

リクルーターとの面接は突然電話がかかってくることが多く、カフェや喫茶店で面談を行うケースがほとんどです。
「面接とは関係ありませんので、気軽な気持ちでお越しください」と言われる場合がありますが、面接と関係ないにも拘わらずわざわざ企業が時間をかけて人材を派遣することはまず考えられません。リクルーターから面接の電話がかかってきたときから、選考が始まっていると考えましょう。

就職活動生はリクルーターの面接の前に事前に準備しておくポイントが2つあります。

  • ポイント① 自己PR

1つは自己PRをきちんとできるようになっておくこと
リクルーターは就職活動の初期段階で優秀な人材の囲い込みを行いたいためリクルーターとの面接を準備しています。ここで自分を売り込むためにリクルーターにもしっかりと自己PRをできるようになっておく必要があります。

  • ポイント② 志望動機

2つめは志望動機をきちんと話せるようになっておくこと。リクルーターとの面接は、大抵志望動機を聞かれます。当然ながらリクルーターがヒアリングした情報は人事担当者には伝わる仕組みになっていますので、この段階でしっかりとした志望動機を準備しておく必要があります。

リクルーター面接の注意点2.事前に企業研究を行う

 

リクルーターから面接の連絡が入るのは金融機関や商社で多いですが、自分が志望している企業がどんな企業なのかを事前に研究しておく必要があります。企業研究をしていると、運が良ければリクルーターとの面接でどういった質問を聞かれるのかを見つけることができるでしょう。

  • 業界や競合他社についての理解も深める

リクルーターは人事担当者ではないケースが多いため、企業の生の情報を詳細に理解しているでしょう。事前に自分が志望している企業について研究しておかないと、会話が成り立たなくなってしまいます。少なくとも下記の3つの点については目を通しておきましょう。
◆企業のホームページ
◆競合他者について
◆業界誌

これらを利用してリクルーターと共通の話題で会話ができるレベルにまで企業研究をしておく必要があります。リクルーターも面接段階で自分の企業をどの程度調べているのかを判断しますので、事前の企業研究は必須ともいえます。

リクルーター面接の注意点3.質問を2~3個用意しておく

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ