Loading...

リクルーターへメールの返信をする際のマナー

4225

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルーターから突然メールが来るとちょっと焦りますよね。ビジネスメールには返信マナーもありますから、どのように返信したらよいかわからなくなってしまっている方も少なくはないでしょう。そこで今回は、リクルーターから来たメールへ返信する際のマナーについて紹介します。

tablet-626090_1280

リクルーターへの返信メール① 件名を書き換えない

 

リクルーターからのメールに返信しようとして、最初に迷うのが件名についてではないでしょうか。ついついやってしまいがちなのが、わざわざ件名を書きかえて「ご連絡ありがとうございます。」などとしてしまうことです。しかしながらそれは適切ではありません。

  • 「Re;」をつけて返信する

リクルーターに送る返信メールは、件名は変えずに「Re;」をつけて返信するのが基本です。

一見するとマナーが悪いように見えるものですが、その方が誰へ送ったどういうメールへの返信かということが分かりやすくなり、マナーが良くなるのです。
そのためあえて件名はかえずに、そのままにして返信するようにしましょう。

  • 24時間以内に返信する

また、そうした返信メールはなるべく24時間以内に、できればリクルーターからメールをいただいたその日のうちに連絡するようにしましょう。その点にも合わせて気を付けていってください。

リクルーターへの返信メール② 本文は残したままにする

 

元々のリクルーターから来たメールの本文も、返信時にはついつい消してしまいたくなるものですが、これはNGです。本文を消してしまうと、相手にしても自分がどんなメールを送ったのかいちいち前のメールに戻って確認したりしないとならなくなります。それは非常に手間なことなのです。

  • 引用返信をする

リクルーターへ送るようなビジネスメールとしては、返信時に入っている本文はわざわざ消さないで、そのまま引用返信するというのがマナーになります。

上に自分の書くべき返信メールの内容を書いて、その下には、もともとあったメールの本文をのこしておいてください。こちらも一見するとマナーが悪いことの見えるものですが、消した方がよほどビジネスマナーを知らない人と思われて評価が悪くなるので注意しましょう。こういうちょっとした点も、リクルーターは見ているものです。

リクルーターへの返信メール③ 簡潔な内容にする

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ