Loading...

一般的なボーナス支給日は?覚えておきたい事前知識

293

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナス日は企業によってまちまちであり、夏と冬の二回であるところ、冬に一括して払うところなど様々です。
非正規雇用ではボーナス自体が無い場合も多く、厳しい競争で正社員になった人へのボーナス的な意味合いも強くなります。

一般的なボーナス支給日は夏・冬の二回!

 

piggy-bank-970340_640
ボーナス日は企業によって異なり、夏と冬の二回あるのが一般的です。一方で、中小企業などでは冬に一括して支払う場合や、全くない場合もあり企業によって様々です。
大企業であっても派遣社員にはボーナス日が無いケースが多く、あっても支給額自体がわずかと言う形が通常です。
これは、派遣社員が数カ月単位の雇用であることも影響しています。
多くの派遣社員は一カ月かそれに近い形での雇用となるため、ボーナスを支払うまで在籍しているとは限らないのです。

  • 非正規雇用だと、ボーナスが無いか少ない

また、業務自体が無くなってしまう場合や、人員整理の影響を受けやすいなどの事情もあります。
そのため、ボーナス分も時給や月給に反映されていることも多く、稀に正社員よりも月給が高い派遣社員なども存在します。
ただし、昇給が無いため長いキャリアやボーナスを考えると収入めんでは厳しくなりがちです。

夏のボーナス日は7月が中心になる!

 

夏のボーナス日は7月が中心になります。公務員は6月30日に支給されることが法律で決まっており、民間企業もこれに続く形となるのです。ボーナスの金額は年二回の支給であれば半年に働いた期間、年一回の支給であれば一年に働いた期間を元に算出されるため、新入社員の夏のボーナスは満額にならないことが通常です。

  • 公務員のボーナス日が夏のボーナス戦線開始の合図

実際に受け取れる金額は、4月からの3か月分、実質的に半額程度のボーナスになります。
それでも企業によっては月収の数カ月分になる事もあり、働いた実感なども得やすくなるものです。金額が大きい事から、商業関連の活動も活発になり、公務員のボーナス日が夏のボーナス戦線の開始の合図となるのです。

冬のボーナス支給日はマチマチ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ