Loading...

公務員の対策に適切な勉強スタイルの選び方

364

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員試験の対策する上での独学と予備校のメリット・デメリットについてご紹介します。
公務員の対策をするうえで、独学で勉強を進めていくのか、予備校に入ってカリキュラムに沿った学習を行うのか、迷うところだと思います。
ここでは独学と予備校のメリットやデメリットなどを中心に、公務員試験についてみていきたいと思います。

公務員の試験対策1,独学で学習する

 

study-921885_960_720
まずは公務員の対策をするうえで、独学のメリット、デメリットから見ていきましょう。

【独学のメリット】

独学のメリットは、自分のペースで好きなだけ勉強ができるということです。
予備校の場合はカリキュラムに沿った学習を強いられますが、独学の場合は自分の好きなように計画を立てることができます。
これにより自分が不得意としている科目にしっかりと時間をかけることができ、効率よく公務員の対策を行うことができるのです。
また、独学の場合は費用が極めて低く抑えることが可能です。ある意味で、一番のメリットになるでしょう。

【独学のデメリット】

独学のデメリットは、自分を導いてくれる存在がいないため、独りよがりの学習になってしまうということです。
客観的な視点が欠けているため、自分の勉強の仕方が正しいのかどうか判断が難しく、おかしな方向に進んでしまう可能性もあります。

公務員の試験対策2,予備校で学習する

次に、予備校で公務員の対策を行う場合のメリットとデメリットを考えていきましょう。

【予備校のメリット】

予備校のメリットは、豊富な情報を手に入れることができるため、効率のよい学習をすることができるということです。
テキストも何年もかけて練られたものを使用できるため、無駄のないサービスを受けることができます。
また、周りによきライバルも多くいるため、日常的に刺激を受けることにもつながるのです。

【予備校のデメリット】

まずは、費用が多くかかります。
取得するコマ数やサービスの受け方によっても異なりますが、一年間通うと考えた場合、少なくとも50万程度の出費を覚悟しておく必要があります。
また、基本的には予備校の定めたカリキュラムにのっとって学習を進めていくため、完全の初学者には問題ないのですが、公務員の対策を事前にしていた人の場合は、自由な学習ができず、逆に非効率的になってしまうこともあり得るのです。

公務員の試験対策に適しているのは?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ