Loading...

就活で履歴書を書く時の自己PRの3ポイント

292

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活で履歴書に書く自己PRのポイントをご紹介します。
就活では履歴書に自己PRを書くこともありますよね。ですがそんな自己PRはエントリーシートにもあるものですので、履歴書のそこには何を書いたら良いか迷うものです。そこでここでは、就活で履歴書に書く自己PRのポイントについて紹介していきます。

就活で履歴書を書く時の自己PRポイント1,エントリーシートと同じ点をアピールする

 

office-941302_960_720
就活で履歴書に書く自己PRは、エントリーシートと同じ点をアピールするのが一番適切です。
二重にその点をアピールすることでより強く印象に残すこともできるようになりますし、何よりエピソード中などで予期せぬ矛盾が発生することを防ぐことが出来るようになります。
ですから、就活での履歴書の自己PRでは、エントリーシートと同じ点をアピールするというのが一番良いのです。

  • エントリシートとは別のエピソードを記載すること

ただし、同じエピソードを記載してアピールしていったのではただの手抜きと思われてしまいます。
ですので、就活の履歴書に書く自己PRでは、エントリーシートとは違うところからエピソードを持ってくるようにしてください。
エントリーシートがサークルの話なら、履歴書はアルバイトの話にするなど、出所を変えるようにすると良いでしょう。

就活で履歴書を書く時の自己PRポイント2,エントリーシートとは違う言い方をする

 

就活の履歴書の自己PRでは、エントリーシートと同じ点をアピールするのが良いとは言いましたが、言い方自体も変えた方が良いです。
同じアピールポイントを同じいい方でアピールするのでもいいですが、それだとあまり工夫が感じられないと思われることもあります。
言い方を変えると伝えようとしている工夫も感じられてなおさら印象がよくなることがあるのです。
ですから、就活の履歴書に書く自己PRでは、エントリーシートと言い方を変えるようにすると良いでしょう。

【エントリーシートと履歴書での言い換えの例】
例えばエントリーシートで、「責任感があるところが私の強みです。」と言う風に自己PRを書いていったのであれば、履歴書に書くべき自己PRは、「エントリーシートでも触れましたが、私は、何があっても途中で物事を投げ出さない性格です。」というように言い方を変えると良いでしょう。
言い方はいくらでもありますからね。

就活で履歴書を書く時の自己PRポイント3,エントリシートに関連した強みを述べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ