Loading...

自己PRを書くのに適切な文字数

最終更新日: // 780 views

自己PRを書く際には、適切な文字数があります。それを知らずにダラダラと長い自己PRを書いていったり、あまりに短い自己PRを書いていったりしたら、内容がよくてもそのせいで印象が悪くなってしまうかもしれません。
そうならないようにここでは、自己PRを書くのに適切な文字数を紹介していきます。

自己PRに適切な文字数1,指定がなければ400字

 

fountain-pen-447576_960_720
自己PRの文字数は、指定がある場合もあります。その場合はもちろんその指定通りにかくようにしてください。
それを無視してそれよりたくさん書いたとしても、そのおかげで印象がよくなるということはまずありません。
むしろそうしてルールを守れないことで印象は悪くなるでしょう。もし自己PRの文字数に指定がない場合は、400字が適切です。

  • 400字という文字数は長すぎず内容も濃くできる!

400字という文字数は、長すぎないちょうど良い範囲と言えます。
それよりも400文字より文字数があると、 「長い」と思われる可能性が高くなります。
また、400字あれば内容的にも理路整然としたしっかりした自己PRが出来るでしょう。ゆえに、自己PRの文字数は400字が適切となるのです。

自己PRに適切な文字数2,短くても250字以上は書こう

 

基本的には400字を目指して書いていただきたいところですが、どうしても無理な場合もありますよね。
その場合でも自己PRには250字以上は書くようにしてください。それ以上少ない文字数では、見た目的にもスカスカになってしまうでしょう。
ですから、あまり熱意がないのかな?と思われてしまう可能性が高いです。自己PRは最低でも250字以上は書くようにしてください。

  • 250字以下では内容が薄くなり説得力のない自己PRになる

250字以下の文字数では、ろくにきちんとしたアピールが出来ないということもあります。
自己PRでは、自分のアピールポイント、そのアピールポイントの証明のエピソード、そのアピールポイントの活かし方を書いていかないとなりません。250字以下ではそれらのどれもきちんと説得力をだせないことでしょう。

自己PRに適切な文字数3,長くても500字以内には収める

 
トップへ