Loading...

中途採用のSPIを突破するための対策

429

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用でもSPIによる適正検査があるのは、何も新卒採用時ではありません。
第二新卒等の中途採用であっても、SPIと出くわすことは全然あるのです。
ですから中途採用であってもきちんとSPIには対策していかないとなりません。
そこでここでは、中途採用の方のためのSPI対策のコツを紹介していきます。

中途採用のSPI対策1,早い段階から行動を起こす

 

pencil-1067670_960_720
中途採用のSPIの対策のコツとしてまずいえることは、少しでも早くからSPIの勉強を始めようということです。
早くからSPI対策を始めていかないと、昔の知識は取り戻せません。
勉強には勉強の脳が必要で、それは仕事の脳とは違うものです。ですから、中途採用の方は、新卒時よりもさらに時間をかけて勉強をし、そういう脳を取り戻さないとならないのです。

  • SPIの勉強は毎日続けることがポイント!

具体的にどのくらい早くに始めれば良いかと言われると、個人差があるので難しいですが、新卒時には2ヶ月程度必要になるので、中途採用時には最低でも3ヶ月は前に始めるべきでしょう。
もちろん早ければ早い程良いので、中途採用の転職を思い立った時点で勉強を開始すると良いでしょう。
そしてSPIの勉強を毎日続け、記憶を強固なものとしていってください。

中途採用のSPI対策2,非言語の対策に時間をかける

 

また、その中でも特に非言語の対策に時間をかけると良いでしょう。
非言語の問題は、公式を覚えたり、解き方を覚えないことにはどうにもならないということが多いです。
言語問題であれば、そういうことはあまりありませんが、非言語の問題ではそれが起こるのです。
中途採用の方はそうした解き方や公式を新卒時よりもさらに忘れている可能性が高いので、SPIの対策ではより非言語に時間をかける必要があるのです。

  • 言語は隙間時間を利用して効率的に語彙力を増やそう!

覚えていく必要があるSPIの非言語の問題に関しては毎日行う必要がありますが、言語問題に関してはそうする必要はありません。隙間時間にやれば概ね問題ないでしょう。言語に関しては中途採用時でも自然と知識がついているということもありますから、あまりそこに時間を割く必要はないのです。

中途採用のSPI対策3,毎日新聞を読む

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ