Loading...

自己PRで行動力を魅力的にアピールする方法

379

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRは履歴書にて行動力をアピールすることができる唯一の箇所であり、周りと差をつけられる箇所です。
そして仕事では行動力が求められることが多くあるため、上手に自分の行動力について記述し積極的にアピールしていきましょう。

自己PRで周りよりも行動力があることを示す

 

hand-422577_640
自己PRでは様々なポイントをアピールすることができますが、行動力をアピールするのが一番です。
なぜなら、仕事では積極的に作業に取り組む。またはわからないことでも進んで作業する行動力が求められることが多いからです。
そのため、企業としては行動力のある人財を求めています。

  • 行動力がある人は将来性を見込まれる!

また、行動力がある人はリーダーとして育つ可能性が高いため、将来のリーダー候補として採用してくれる企業もあるかもしれません。
だから自己PRでは行動力について記述することが重要になってきます。
周りよりも行動力があることを示すことができれば、面接で目立つことができます。
さらに、採用された後も有力なポストを用意していただける可能性もあります。

自己PRで行動力を示すには具体的なエピソードが必須!

 

自己PRで行動力を示すには具体的なエピソードを盛り込むことが重要です。
エピソード自体に凄さは必要ありません。ボランティアやアルバイトでの経験やちょっとした話で十分です。
周りがやりたがらない仕事を進んで行った、わからないことがあったら必死に調べた等で構いません。
自己PRでは、周りとは違うことを進んで行うことができたかどうかが重要なポイントです。

  • 行動を起こすまでの過程や結果もエピソードに盛り込むこと!

また、行動をおこすまでの過程や結果もエピソードに盛り込むことも大切です。
過程と結果があることでエピソードに深みが増し、行動力があることを伝えやすくなります。
さらに、過程や結果で周りへの配慮や気遣いができていたことも添えるとエピソードが伝わりやすくなり、さらに好印象になります。

自己PRについての質問対策も欠かさずに!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ