Loading...

企業説明会で悪い印象を残さないための服装ルール

909

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業説明会では、服装から身だしなみまできちんとチェックされていると思った方が良いでしょう。もしそこで悪い印象を残してしまったら、それだけで選考において不利になる場合もあります。そこで、企業説明会で悪い印象を残さないための服装ルールについて紹介します。

32

ここにキャプションを入れて下さい。

企業説明会の服装1.特別な指定がない場合

 

どのような会社の企業説明会であろうとも、服装に特別な指定がなければ、リクルートスーツで参加するようにしましょう。あくまでもこちらは就活生で、そこは企業説明会という就活イベントの場所です。そこにちょっと明るめのスーツで行ったり、私服などのだらしない服装で行ったら、明らかに浮いてしまい悪印象が植え付けられてしまいます。

  • 特別な指定がなければ基本はリクルートスーツ

服装でそれだけ目立っていると、後々エントリーしても、あの時適切でない服装で来て、すごく浮いてた子だ…と思われることは間違いありません。

そのため企業説明会には、特別服装の指定がなければ、必ずリクルートスーツで行くようにしてください。服装の指定がないことが、暗黙の服装の指定だったりもするので、必ずリクルートスーツで行きましょう。

企業説明会の服装2.リラックスした格好と指定がある場合

 

企業説明会に際して、先方から服装について、リラックスした服装で来てくださいという指定があったのであれば、スーツで行かない方が良いでしょう。それでもなおリクルートスーツでいる方は一定数いるので、もしリクルートスーツで行ったからといって、悪目立ちして、選考に悪影響を与えるということはまずありません。ですから、どうしても適切な私服がないという時には、リクルートスーツで行くのもいいでしょう。

  • オフィスカジュアルで参加すると良い

基本的にはそのようにリラックスした服装で…と指定されたら、オフィスカジュアルで行くようにしてください。

シャツとジャケットとスラックス・チノパンなどのシンプルで清潔感のあるカジュアルなら、間違いなく浮くことはありませんし、爽やかさも演出できて効果的です。このように、スーツ以外の服装を指定される場合もあります。

そのため企業説明会が増えてくる前に、
・ネイビーのジャケット
・ベージュのチノパン
・ローファー

こういった服装は一式揃えておくと良いでしょう。

企業説明会の服装3.自由な場合の注意点

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ