Loading...

企業説明会に参加する際に注意すべきマナー

417

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業説明会では、いくつか注意しておきたいマナーがあります。企業説明会は、一次面接と言われることもありますから、やはりマナー違反をして悪い印象を残すことは避けたいところですよね。そこで、企業説明会で注意すべきマナーについて紹介していきます。

企業説明会マナー

ここにキャプションを入れて下さい。

企業説明会のマナー1.余裕をもって到着する

 

企業説明会の会場にギリギリに到着するのはマナー違反です。面接などであれば、早く到着しすぎるのもマナー違反になるので、ある程度はギリギリに到着するというのも問題ありません。

一方、企業説明会では30分前には大体のところで準備は終わっているでしょう。そのため20分前~10分前くらいであれば、マナー違反にはなりません。そのくらい前には到着できるようにしておきましょう。

  • 5分前到着は避ける

5分前くらいに多くの学生が受付に来たら混雑しますよね。そうするとそのまま説明会の時間が押してしまうケースもあります。5分前に到着するのはマナーとしてはよくありません。こうした違いを知って、企業説明会には早く到着するようにしてください。早く到着すると、説明会前にその企業の人と少し話が出来る可能性も高いです。そうして自分にしか得られない情報を得ていきましょう。

企業説明会のマナー2.一人でいくつも質問しない

 

企業説明会で担当者に自分の印象を残そうと、ついつい気合いを入れて一人で何個も質問をする学生がいます。しかしそれはマナー違反なのです。

一人で何回も質問しても、ただただ悪い印象だけが積み重なっていき、選考に対して悪影響こそ与えるものの、いい影響を与えることはまずなくなります。質問を一人でたくさんしすぎないようにしていきましょう。

  • 質問は基本的に一人一回

基本的には一つの企業説明会につき、一人一回の質問だけだと思っておくと良いでしょう。マナー違反にならない質問の回数は、どれだけ多くてもせいぜい2回までです。

それ以上の質問がある場合は、説明会終了後に社員の人に個人的に質問したりするようにすると良いでしょう。また、企業説明会の終了後にOB訪問を取り付けたりして、その場所で聞くようにすつのもオススメです。

企業説明会のマナー3.メモを取ることに集中しすぎない

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ