Loading...

公務員でも副業は可能!?覚えておきたい抜け道とは

731

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員は副業をしてはならないと言う規定がありますが。これは国の業務を扱う上で、本業である公務に支障が出ては問題が大きいためで、会社の設立や給料をもらっての兼業が出来ないようになっています。一方で、ごく一部ですが例外もあるのが特徴です。

公務員の副業1,株式投資

 

silhouettes-776666_640
公務員は副業が禁じられていますが、これは会社の設立や、営利目的のお金の貸し借りなどを含めた広い範囲になっています。許可さえ受ければ副業が可能な事もポイントですが、通常はこの副業の許可も滅多に下りないようになっています。

  • 営利を目的としない財テクに関しては副業から外れる

一方で、不動産投資や、株式投資などの、営利を目的としない財テクに関しては副業の範囲から外れます。
これは必ず利益が出ると言う保証が無いと言う理由が一点と、投資資金はあった方が税金も取りやすいと言う内部的な事情もあります。
また、公務員の年金は民間よりもかなり手厚く保証される一方で、定年から支給まで期間が開くのも問題で、自助努力が必要な事も大きな要因となっています。

公務員の副業2,グレーゾーン

 

他に公務員が可能な副業として、アフィリエイトや各種アウトソーシングなどのインターネットビジネスがあります。
この副業の注意点は、あまりに収入が多すぎると確定申告が必要になる事です。
逆に言えば、あくまで一定内の範囲であれば税務署などの申告などは必要なく、結果的にばれることも無いと言う事です。また、副業を行っても本業の公務員の仕事に影響を与えることも無いのがポイントと言えます。

  • 年間20万円以上の所得は雑所得として申告が必要

具体的には、年間で20万円以上の所得がある場合は、雑所得として申告が必要になります。
また、収入額が低くても各種法律上で制限があり、申告が必要なものもあります。法律上の申告が必要なものは、問題になるケースも多く、避ける方が無難と言えます。
副業をして割に合うかも重要なのです。

公務員の副業3,アパート経営

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ