Loading...

公務員になるために必要な勉強への意識の持ち方

368

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員になるためにはどうすればいいか、そのために必要な心構えをご紹介します。
なぜ公務員が人気なのか、そして公務員とはなんなのか、漠然と公務員志望をしているあなたの参考になれば幸いです。
とりあえず人気だから公務員になろうとしている人も、ぜひお読みください。

公務員になるためには常に勉強する

 

steps-388914_960_720
公務員になるためには、沢山の勉強が必要です。
これは、市役所、県庁、警察官、消防士、自衛隊など、公務員の職種は沢山ありますが、ほぼ筆記試験があるからです。
特に最近人気の市役所や県庁は、多くの受験者が集まっており、非常に倍率が高く、筆記試験の足切りレベルが高くなっています。
また、こちらの勉強は公務員試験だけではすみません。公務員に晴れてなれた後も、勉強内容が仕事に大きく影響する科目も多いので、真剣に覚えていないと入社後にも後悔することが多いのが公務員試験です。
公務員になるためには勉強した後、つまり公務員になれた後にもずっと勉強ということです。公務員は勤勉家や真面目な性格の方が向いている、という話をよく聞きますが、こんな感じです。

公務員になるためには5つの科目をクリアする

 

公務員になるためには、沢山の勉強が必要です。
一般的にどんな勉強かというと、大学受験のセンター試験と同じようなものです。
日本史や世界史があり、生物や化学、数学や文章読解など。それらの科目を選択して時間内に解く。
まるでセンター試験のようで、内容も似ている部分が多いです。
よってセンター試験の範囲を覚えている人は、かなり有利になるはずでしょう。

  • 数的処理・判断推理・日本国憲法・民法・行政学・経済学

ただ公務員試験で、とても重要な科目が多いです。
例えば、数学に似た科目「数的推理、判断推理」。「日本国憲法」。
公務員では基本の要素になる「民法」「行政学」。そして「経済学」です。
これらの科目は配点が大きく、これを解けずに公務員試験は受かるはずがないと言われています。
公務員になるためには、この5つをクリアしなければなりません。

公務員になるためには400時間の勉強が必要

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ