Loading...

公務員になるための勉強をする際の心構え

318

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員になるための勉強をする際の心構えをご紹介します。
公務員になりたいと思っていても、勉強はどれくらいの時期から始めればいいか迷う人もいます。
民間企業の一般教養試験は7科目程度のものですが、公務員試験は30科目ほどから問題が出るため、必ず長期戦のつもりで挑む覚悟が必要です。

公務員試験を目指すにあたって

 

book-933088_640
公務員を目指すうえで真っ先に気にしなければいけないのは、勉強にかけられる時間です。
公務員は試験によって出る問題や性質が全く変わってくるのが特徴で、非常に専門性の高い試験もあります。
一般的な公務員試験に関しては、一般教養科目として30種程度の科目から問題が出るようになっており、必修科目以外の問題も出るため、学校の勉強だけではまず落ちてしまいます。

  • ボリュームも範囲も広いため長期的な勉強が必要!

基礎学力だけでは足りないことが普通なため、試験対策にどれだけ勉強の時間を作れるかが重要なのです。
過去問題を解くにしても、コツをつかむまでに時間がかかる場合もあることから、可能であれば学校でのマンツーマンでの指導等、可能な限り人の手を借りるのもポイントです。

公務員試験の勉強を始める適切な時期とは?

 

公務員の試験は4月から9月までの間にあるのが通常で、内容や自治体によって試験開始日が違います。
一般的に勉強に必要と言われている期間と目安は、1年以上と言われています。ですからどれだけ早めに対策出来るかも重要です。
あまりにも範囲が広すぎるため、1月や2月の対策で試験を突破出来る可能性は低く、地道に基礎を勉強して学力を向上させる方法が一番適切です。

  • 一般的に必要とされている勉強期間は1年以上!早めの対策が必須!

公務員試験突破のための集中講座や専門スクールが多いのもそういった理由で、試験合格のノウハウがあるかどうかで勉強のスピードも全く変わってきます。
就職活動の片手間では出来ない範囲のため、民間企業の併願を目指すならばさらなる工夫が必要です。

公務員試験は職種や地方によって特色が出る

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ