Loading...

公務員の仕事内容におけるポイント

537

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職先として最も安定しているといわれる公務員ですが、そのイメージだけで就職を考えてしまうと実際に就職した場合に思っていたのと公務員の仕事が違うなどの問題が生じる場合があります。
そのため公務員の仕事をしっかり理解することが必要だと言えます。

公務員の仕事とは

 

entrepreneur-593378_640
一般的な公務員の仕事といえば、市役所などの窓口などのイメージが強いといえ、何もしなくても給料がもらえてとても楽な仕事だと思われている節があります。
そのためそのイメージのまま公務員になってしまうと、実際の公務員の仕事の多さや過酷さに耐え切れずすぐに辞めてしまう人も少なくないといわれています。

  • 通常の民間企業よりも激務である場合が多い

最も私たちが目にする公務員の仕事である市役所などでも、実際には個人情報の取り扱いや国からの指示をその町に住んでいる人に伝えるといった業務、要するに市民が安心して暮らすために必要な業務を一手に引き受けていると言えます。
そのため通常の民間企業よりもその仕事内容は過酷だといわれていますし、残業があるのも当たり前というのが公務員の仕事だと言えます。

地方公務員の仕事とは

 

公務員にも大きく分けて2種類の公務員があり、一つが地方公務員でもう一つが国家公務員となります。
この2つには大きな違いがあり、地方公務員の場合は地方に根付いた公務員の仕事を行い、国家公務員の場合は日本全土を対象とした公務員の仕事を行なう点が最大の違いだと言えます。

  • 地方公務員は転勤がない!!市民が安心して暮らすための業務を行う

そのため地方公務員として就職した場合には、基本的には同一県内での転勤などはあるにしろ他県への転勤などは無く、同一県内の中で与えられた仕事をこなすといったことが主な仕事となります。

一方の国家公務員の場合は赴任先が全国に渡るため広島在住なのに北海道に赴任ということも少なからずあると言えます。

転勤がある場合もその転勤先が全国に渡るため、非常に長距離の転勤を余儀なくされることもあると言えます。
仕事の内容に関しては地方も国家も公の仕事が主なものとなりますので、簡単に言えば国や県、市などの代表として仕事を執り行うというイメージだといえ、その責任もとても重いものだと言えます。

公務員は仕事によって種類が異なる!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ