Loading...

公務員の専門試験の特徴と3つの対策

250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員になるためには公務員試験を突破しなければなりませんが、その中には教養試験と専門試験、小論文が含まれています。
専門試験は憲法や民法などの法律系や、経済原理や経済政策等を扱う経済系、政治や社会学から出題される行政系があり、点数配分も高いものとなっています。

公務員の専門試験の特徴1,範囲が広い

 

money-549161_960_720
公務員の専門試験の特徴は、高校や大学までの学校の授業などでは触れなかった範囲が非常に多く含まれていることです。
大学の専攻によってはなじみ深い分野もありますが、公務員の専門試験ではその中からいくつかの科目を選んで受けなければならず、必ず自分の勉強のしたことのない範囲が出てきます。

  • 公務員の専門試験は効率的に勉強すること

公務員試験では教養問題が難関として知られていますが、専門試験も配点が高いと言う面で可能な限り点数を稼ぎたい試験であり、いかに効率的に学べるかが重要なカギになってきます。
特に全く学んだことのない分野が多いため、コツをつかみづらいのも特徴で、独学での合格を目指す人にとって高い壁になるのです。

公務員の専門試験の特徴2,憲法の出題

 

公務員の専門試験は何を受けるかでどの分野のを重視するかや、配分が大きくなるかが変わってきます。
特に国家公務員になるのであれば憲法は押さえておきたい科目と言えます。これは憲法の出題が多いとともに、非常に基本的な問題が出るケースがあるからです。
教養試験、専門試験を問わずに出題範囲が膨大なために対策に時間がかかるのが公務員の試験です。

  • 最低限の学習時間が安定した点数を叩き出すこと

そのため、最低限の学習時間で安定した点数を出せるようになるかは非常に重要なポイントです。
もちろん、より高得点を目指すのであればさらなる学習は必須になりますが、少なくとも最低限の点が取れるだけでもスタート位置の底上げになります。憲法は基礎中の基礎として聞かれる場合も多いため、最低限は覚えておく必要があるのです。

公務員の専門試験の特徴3,受ける科目が選べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ