Loading...

公務員の小論文を書く上でのポイントとは

487

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員の二次試験には小論文と面接がセットになっていることとがほとんどです。
小論文で使われるテーマはほとんど決まっており、後は希望する地方や省庁によって変化がある程度です。基本は模範的な論文を読むことで、趣旨を読み違えなければ高評価が期待できます。

公務員の小論文を書く上でのポイント1,基本的なテーマを知る

 

PAK15_notepenhikkiyougu20140312500
公務員の小論文のテーマは自治体や省庁ごとに毎年変わる物であり、それらのテーマを集めた書籍なども発売されています。
重要なのはどのような地域や試験で、どのような小論文のテーマが多く出るかです。

テーマさえわかれば、模範解答などをのせているサイト等の情報にもアクセスしやすくなり、より対策が立てやすくなります。

  • 公務員試験の小論文のテーマの情報を集めること

まずは公務員試験に使われる小論文のテーマの情報を集めるのが対策の第一歩なのです。
入手方法はそれこそ有料書籍でも、ネットの情報でも問題なく、さらに深く追求したいなら別の情報を参考にするのが合理的です。
重視されるテーマと模範解答がわかれば、その流れからあまり外れないように論文をまとめるのが基本になります。

公務員の小論文を書く上でのポイント2,模範解答の趣旨を理解

 

公務員の小論文対策で、テーマと同じく重要なのが模範解答です。
これは実際に採用試験を行っているプロたちが書いていることも多く、非常に参考になる情報が多いのが特徴です。

大切なのは小論文の趣旨をはき違えない事です。

  • 文字量の配分・趣旨に沿った回答が重要!!

例えば、解決策を求められている、または自分の意見を求められている状況で、問題点ばかりをあげることや、課題ばかりをあげると非常にバランスが悪くなります。
文字量の配分と、趣旨に沿った回答をすることが重要なのです。

小論文の基本は起承転結であり、問題定義をしたうえでどういった解決方法や、アプローチがあるかを述べていくものです。
公務員の小論文であれば、個性ではなく模範的な答えを求められる場合も多いため、独自の視点に走るのはリスクが伴う場合もあるのです。

公務員の小論文を書く上でのポイント3,自治体の政策を調べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ