Loading...

公務員試験の年齢制限についてのポイント

289

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは公務員試験に年齢制限が設けられていることをご存知ですか。
通常の民間企業ではこのような明確な年齢制限を設けていないことがほとんどですが、公務員の場合、職種や受験する方の状況によって細かく年齢制限が設けられています。主な職種を例に挙げながら、年齢制限がある理由を探ってみましょう。

公務員という職種について

 

startup-594127_640
そもそも公務員とはどんな人でしょうか。
今日では国や地方公共団体に所属して仕事をしている方全てを指す包括的な言葉となってきているようです。
国や地方公共団体が雇用主となるため、一般の民間企業と比べると安定性が高い職種のイメージがあるようです。
よく結婚相手には安定している公務員がいいと言われる所以はここにあります。では、この公務員と呼ばれる人達は一体どんな仕事をしているのでしょうか。

  • さまざまな職に適した体・頭脳を求めるため年齢制限を設けている

分かりやすい例としてここでは行政職、教育職、公安職の3種を例に挙げます。まず行政職は、県庁や市役所で働いている方を指します。
そして、教育職は国公立の教育機関における教員の方たち、公安職は警察官や護衛官などを指します。この3種だけでも既に行うことが大きく異なります。このため一つの考察にたどり着きました。
一口に公務員と言っても、職種が多様にあるため、その職に適した身体や頭脳を求めるうえで年齢制限を設けているのではないでしょうか。

公務員の年齢制限の例とは

 

上記の考察を立証するために先に挙げた3種類の職種における年齢制限をみていきましょう。
前提として全ての職種を含む公務員は国家公務員と地方公務員の2種類に分けられます。3種ともにそれぞれ見ていきましょう。

  • 行政職は29歳までが対象

まずは行政職です。こちら国の省庁や地方自治体の県庁などの行政機関で働く方たちです。総合職に言及すると大卒で29歳程度までが公務員試験の対象となっているようです。

  • 教育職は各地方自治体により異なる

続いては教育職です。こちらは大学で教員免許を取得し、各地方自治体で教員試験を受け採用となるケースが多いようです。
年齢制限に関しては、明確にしているとことと上限を設けていないとこがあり、比較的緩めに設定されていました。

  • 公安職は30歳までが目安

最後に公安職ですが、明確に記載しているところとそうでないところがありますが、一様に30歳までを目安にしているようで、皇居護衛官などの特殊な職種においては受験資格が22歳以下までと厳しい年齢制限が設けられていました。
以上のことから体力面を一番要求される公安職の年齢制限が最も厳しいことが分かりました。

公務員の年齢制限から見えてくるものとは

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ