Loading...

公務員の福利厚生で押さえるべきポイント

1414

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に公務員の福利厚生は充実していると言われます。
出産や両親の介護、負傷や病気の時に給料が出るのか、など福利厚生の内容は気になる所だと思います。最近は、公務員の福利厚生に関する税金問題が発生し、以前と比べると縮小傾向にあるようですが、まだまだ魅力的な公務員の福利厚生をかいつまんで紹介します。

公務員の年金制度

 

flower-198213_960_720
公務員には、民間企業の社員でいうところの厚生年金に当たる共済年金制度がありました。この共済年金には職域加算制度というものがあり、民間企業の厚生年金より多くの年金が支給されていました。
しかし、この福利厚生制度は2015年9月に制度変更され厚生年金に一括化されました。

  • 民間よりも退職金が多く支払われる!!

新しい厚生年金制度では、一定の年齢に達した対象者に給付される老齢厚生年金、病気、負傷によって労働ができなくなった時の障害厚生年金、対象者が死亡した場合、遺族に支給される遺族厚生年金の3つがあります。
それぞれの年金支払額格差も近い将来統一される予定です。
年金支払い額上乗せ制度は、年金払い退職給付という制度に変更され存続していく見込みです。
また、民間企業の退職金が1500万円〜2000万円程であるのに対し、公務員の退職金が2400万円と公務員のほうが多い退職金をもらう事ができ、充実した福利厚生を実現しています。

公務員の有給取得率とは

 

公務員は、福利厚生の一環として有給を年20日、繰り越しで最大40日まで取得する事ができます。
気になるのは実際の有給の取得率ですが、例をあげると千葉市、さいたま市、相模原市の市役所職員の場合、有給取得率は年13日ほどで60%前後のようです。
部署別にみると、交通局がほぼ20日の100%に近い有給取得率となっている一方、病院局や消防局では40%前後で低い値となっています。

  • 行政の中枢に関わる部署ではほとんど取得できない場合も!!

中央省庁や都道府県庁の財政課など行政の中枢に関わる部署では、ほとんど取得できない場合もあり、有給取得率がどのくらいであるのか一概には言えないようです。
民間企業の社員の有給取得率が平均8日ほどで50%程ですから、平均値では公務員のほうが高い取得率となっています。
その他の福利厚生制度として病気による休暇は最大で90日、介護による休暇は最大で6カ月取得する事が出来ます。

公務員の特別休暇時に支払われる給与とは

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ