Loading...

公務員の給料について押さえるべきポイント

786

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の倒産や合併など浮き沈みのある民間企業と比べて、公務員の仕事は安定しています。
公務員は、定時にしっかり帰ることが出来て給料は高額というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。
公務員の給料について紹介します。

公務員の平均的な給料

 

money-621349_960_720
一般的に高いと言われている公務員の給料ですが、2015年のデータだと、給与法の適用される一般的な国家公務員約25万人のうち、行政職で俸給と各種手当を合計した平均給与は約40万円で、ボーナスと合わせて年収600〜700万円となっています。
一般の企業でいう役員である指定職が800人存在しており、年収は1500万円ほどとなっています。

  • 公務員の給料は今後上昇傾向にある!!

省庁局長クラスで給料は2300万円となっています。地方公務員の場合、2014年のデータだと、高校教師が平均年収700万円、小中学校教師が670万円、警察官が740万円、消防士が630万円、その他には、学校の給食員が550万円となっています。
2007年に平均620万円だった地方公務員の給料は2014年には580万円に低下していますが、2014年からは民間同様に賃金の引き上げが行われており、公務員の給料は今後上昇傾向にあるようです。

公務員と他の職業との給料比較

 

では、公務員の給料は、他の職種と比べてみるとどうなのでしょうか。
世界の公務員の給料平均を見てみると、アメリカが約350万円、イギリスが275万円、ドイツが190万円、カナダが240万円、オーストラリアが360万円となっています。
どの国の公務員も国民の平均給与額と同等か、それより少し多いくらいが基本のようで、日本もその点を踏襲しています。

  • 民間企業に比べると公務員の給料は魅力的!!

一見すると日本の公務員の給料は他国の給料より高額なように見えますが、日本の公務員の給料は対GDP比率で見ると低い水準となっています。
地方公務員の中では、東京都職員の給料が736万円で最も高く、民間企業のイオンやNECといった大手企業と同等額の給料水準となっています。
一般の民間企業では、大企業の給与が平均して600万円位、中小企業になると400〜500万円ほどになるので、民間企業に比べると、公務員の給料は魅力的であると言えます。

公務員の給料の推移と特記事項

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ