Loading...

公務員の賞与で押さえるべきポイント

436

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員の賞与(ボーナス)については、国家公務員は法律、地方公務員は条令にて規定されています。
その賞与(ボーナス)は2つの手当を合算しており、内訳は期末手当・勤勉手当となっているそうです。
では一般企業と公務員ではどんな違いがあるでしょうか。

公務員の賞与支給日は6月30日・12月10日

 

money-860128_960_720
国家公務員の賞与(ボーナス)の支給日は、夏6月30日、冬12月10日となっています。
これは法律で定められており、地方公務員の条例もこれに準じて、近い日を支給日としていて、多くはこの6月30日・12月10日を設定されています。
公務員の賞与の内訳は、期末手当と勤勉手当に分かれており、一般企業の定率にあたるものが期末手当、成績評価にあたるものが勤勉手当という形になっています。

  • 一般企業の賞与支給日は7月初旬が多い

では一般企業の賞与(ボーナス)支給日はどうなっているのでしょうか?
一般企業では、夏は公務員より遅めの設定で7月の初旬が多く、冬は12月初旬ごろが多くなっています。中小企業の中には冬は12月30日というところもあるそうです。
これは単純に企業側の都合であることが多く、支給日は一概に言えません。

公務員の賞与の平均額は60万円!!

 

公務員の賞与(ボーナス)は高いとイメージを持たれている方が多いと思います。それはやはり本当と言えそうです。
2014年夏のボーナスについての平均額は、一般企業の賞与(ボーナス)が約55万円に対し、公務員の賞与(ボーナス)は約60万円なのだそうです。

  • 一般企業の賞与平均額は37万円

また、三菱UFJリサーチでの調べによれば、一般企業の賞与平均額は約37万円ほど。
今は不景気の影響もあり、ボーナスの無い会社や契約社員・派遣社員などの雇用形態も多いのが影響しているようです。
しかし、大企業となると、この賞与は平均約71万円ということです。
大企業は公務員よりも賞与(ボーナス)は高いようです。やはり企業の規模の差で賞与(ボーナス)には差が出てきます。
こうして考えれば、公務員というのは魅力的な仕事だと感じます。

国家公務員の賞与平均額は60万円!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ