Loading...

公務員試験の勉強法についてのポイント

288

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員試験を受験するにあたり、各科目の勉強をどのように効率よく行なっていくかといった勉強法がわからない方が大勢いらっしゃいます。
公務員試験の勉強には、どのようなポイントがあるのでしょうか。また、おさえるべき科目はあるのでしょうか。

公務員といっても種類は様々!!

 

children-286239_640
公務員には様々な種類があり、勉強法も異なってきますが、受験生の大半は国家であれば国家公務員総合職・一般職、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、裁判所事務官、地方公務員であれば、自分の住んでいる自治体と都庁や特別区などがよく受検されており、試験日程も各自で被らないよう併願されているようです。

  • 早めの勉強スタートが合格の鍵!!

公務員の種類だけ公務員試験の種類もあるため、公務員になるための決まりきった勉強法があるというわけではありません。そして、公務員試験はどの試験も科目が膨大にあるというのが特徴です。公務員に合格するのに必要な勉強時間は、大卒レベルの行政職であれば1000から1500時間というのが一般的とされているため、早めの勉強スタートが合格の鍵となります。

公務員試験主要科目である憲法・行政の勉強法とは

 

公務員試験には、どの試験でも5問前後出題される主要科目と呼ばれる科目があります。その主要科目とは、憲法、行政法、民法、ミクロ経済学、マクロ経済学で、こうした主要科目で安定して得点できるようになると、専門科目試験で安定して点を取れるようになります。
それでは、その勉強法にはどのようなポイントがあるのでしょうか。

  • 参考書や過去問を解いて対策をすること

まず憲法ですが、憲法の勉強法尾の基本は暗記です。総論や人権では過去問等に出てくる重要な判例を覚えて、国会や裁判所などの統治機構の分野は、その機関の決まりや権能について覚えるのがポイントです。
次に行政法ですが、行政法はいきなり法律を学ぶ者が問題集から勉強するにはハードルが高い科目です。そのため、専門学校等で授業を受けたり、参考書である程度行政法を理解してから、問題を解くようにしましょう。

公務員試験の主要科目である民法・ミクロ経済学・マクロ経済学の勉強法とは

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ