Loading...

公務員試験の特別区1類の内容と難易度

1019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年5月の第一日曜日に実施される公務員試験の特別区1類試験ですが、どの試験よりも難易度が比較的に低いといわれており、場馴れの意味もあってオススメの試験となっています。
そこで出題される問題は何なのか、また倍率などにも触れていきたいと思います。

公務員試験の特別区は類試験は受かりやすい

 

公務員試験で本命の試験よりもまず先に受験しておきたいのが、特別区1類の試験です。
出題される内容は比較的簡単な部類に入り、倍率も事務系であれば5.6倍とそこまで高い数字でもありません。
平成27年度の実績では1739人の合格者が出ており、予定されていた人数930名程度よりも多い人数を採用しています。

  • 合格できる確率が他よりも高い!

公務員試験の特別区1類の試験は簡単な部類に入るせいか、その合格率に関しても高い方です。
そのためしっかりと勉強をしているれば難なく公務員へとなることができるでしょう。
だからといって手を抜いては1次試験すら通過できない可能性がありますので、特別区1類の試験対策をしっかり立てながら万遍なく公務員試験の勉強を進めていかなければなりません。

公務員試験の特別区に出題される試験内容

 

pen-631321_960_720
公務員試験の特別区1類の試験で出題されるのは、教養択一試験・専門択一試験・教養論文試験となっており、これを通過すれば面接が待っています。
1次試験では一般的な公務員試験の内容となっていますが、出題傾向には時事問題が多く盛り込まれているようです。
時事問題への対策は参考書では難しく、普段からニュースを見る癖が必要となります。

  • 教養・専門試験の難易度は全体的に低め!!

教養試験と専門試験は択一式試験となっており、難易度も低めに設定されています。
そのため1問のミスが命取りになりかねないため、しっかりとした勉強を行うことが求められます。
また論文試験では2題から1つのテーマを選択して答えていく内容で、比重が高い傾向にあります。
そのため難易度が低いといえど、バランスよく勉強しなければいけないといえます。

公務員試験の特別区のボーダーライン

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ