Loading...

公務員試験の面接のポイントと模擬面接の活用法

313

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員を目指す方には「筆記試験は得意なんだけど、面接は苦手」という方が多いです。ただ、面接は、公務員試験では避けては通れない関門です。ここでは公務員試験の面接のポイントと模擬面接の活用法について紹介します。

公務員試験の面接のポイント1,自分の主張を明確にする

 

computer-472016_1280
公務員試験の面接では、自治体や公務員試験の種類により、聞かれる質問は異なりますが、大体の場合、専門知識を問う質問ではなく志望動機や自己PRについての質問をされます。なので、公務員試験面接の有効な対策方法は、面接の前に自分の志望動機やアピールポイントを明確にしておくことです。

  • 入室・退出時の立ち居振る舞い・言葉遣いも評価対象!!

また、公務員面接では、あなたの常識力や礼儀作法も試されます。面接室への入室・退室時の立居振舞や、質問の受け答え時の言葉遣いなども面接の評価に影響します。質問に対する答えの内容ではなく、立居振舞がなっていないという理由で低い評価をつけられることはもったいないことです。なので、公務員試験の面接を受ける方は模擬面接に参加し、面接時の基本的な作法やマナーを習得しておきましょう。模擬面接では、面接室に入るところから練習させてもらうと効果的です。

公務員試験の面接のポイント2,回答を事前に準備する

 

公務員試験の面接のポイントが質問への回答方法です。公務員試験の面接で聞かれる質問は大体決まっています。なので、質問に対する回答は、事前に準備しておきましょう。公務員試験の面接で必ず聞かれるのが、志望動機を問う質問です。
面接では、「どうして、公務員になりたいと思ったのですか」「公務員になったら、どのような仕事をしたいと思っていますか」というような質問は必ず聞かれます。

  • 模擬面接に参加に自信を持って受け答え出来るようにする

質問によっては、上記のように同じ志望動機でも答え方を変えなければならないときがあります。なので、志望動機についてはどのような形で質問されてもすらすらと答えられるように準備しておきましょう。模擬面接に参加することで、質問に適した回答をする力が身につきます。なので、模擬面接は一回だけでなく、何回か参加し、質問に合った回答をする練習をしましょう。

公務員試験の面接のポイント3,緊張しないよう対策

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ