Loading...

公務員試験は勉強時間について知るべきこと

422

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員試験は科目数が非常に多く、大学の勉強だけでは足りないのが通常です。
自主的に、かつ長期的に勉強時間を確保していくことが重要で、過去問題を解きながら弱点に合わせた対策と、長所を伸ばす努力が必要になってきます。

公務員の勉強時間は一年間が目安!!

 

macbook-624707_640
公務員試験の対策に必要なのは一年と言われています。
あくまでこれは目安のため、学力に合わせた調整も必要です。
一日の勉強時間に関しては個人差の開きがあるので、自分がどれくらい勉強できるかを感覚的に把握していく必要があります。

  • 勉強時間の量より勉強時間の質が大事

人によって、長時間の勉強で集中して続けられる人もいれば、短時間の勉強しか耐えられない人もいます。
重要なのは時間の長短ではなく、量より質で、どれだけ身につくかなのです。

短時間でも覚えられるのであれば、無理に続けて集中力を切らすよりも休み休みペース配分をしていった方が良いと言えるのです。後は公務員試験の過去問題を解きながら、自分がどの程度の実力を持っているか確認しつつ、残り時間で勉強時間を調整する必要があります。

勉強のペースが掴みづらい人は公務員予備校がオススメ

 

一人で勉強をしても続かないと言う人が多いのも公務員試験の特徴です。
特に問題の出題範囲が広く、応用まで含めた複雑な問題が出る事も有るため、延々と過去問題を解くなどの勉強が必要になる事もあります。

一人で長時間の勉強時間を習慣づけるのは難しく、モチベーションを保つためにも予備校に通った方がいい場合も多いのです。

  • 公務員試験対策では勉強のリズムを作るのがマスト

特に自分のペースが掴みづらい人や、効率の良い勉強がわからない場合は最適で、リズムを作る事によりある程度の実力を身につけられます。

公務員試験対策で足りない部分は個別指導を受けることや、自主的な勉強時間で補う等することも重要です。どうしても効率が上がらない場合はリフレッシュも必要です。

公務員試験の勉強の追い込みは三カ月程度前から!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ