Loading...

公務員試験を突破するための志望動機のポイント

588

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員は安定した雇用と待遇の良さが魅力の職業です。
公務員になる為には採用試験に合格しなければならず、人員削減の傾向もあって毎年狭き門になりつつあります。
公務員試験に受かる為の志望動機の作成の仕方のポイントについて紹介します。

公務員の志望動機のポイント1,具体的に書くこと

 

smile-122705_960_720
公務員試験にもエントリーシート記入が必要となります。
公務員になりたいと思う人の殆どが「給料がいいから」「雇用が安定しているから」「親が公務員だから」と思って応募するのが本年です。
しかし公務員試験に受かりたいと思ったら、志望動機を具体的な内容で作成するのがポイントです。
自分が公務員としてどんなことをしたいのか、どんな部分で自分の能力を役立てることができるのか、一般企業と同じ様に自己分析と企業研究が必要となります。

  • 自分が目指す職務を明確にすること!!

企業研究と言っても公務員は規模が大き過ぎて、実際の仕事内容に就いて知っている人は少ないものです。
しかしそこをクリアしないと筋の通った志望動機にはなりません。
まずは自分が目指す「職務」を明確にした上で、何をしたいのかに結び付けることです。

公務員の志望動機のポイント2,なぜ公務員なのかも忘れずに

 

公務員試験の志望動機で自分のやりたいことが明確になっても、「それが民間企業でなくて何故公務員なのか」という点をはっきりさせることが大切です。
公務員試験では、志望動機について良く研究されていても、「同じ職務ならば民間企業の方がより自由が効くのでは?」と言われると答えに詰まってしまう人も多いからです。

  • 公務員という仕事内容についての魅力を語ること

なぜ公務員になりたいのかという意志をしっかりと持った上で仕事内容についての魅力を語った方が基盤がしっかりしている点で有利になります。
例えば「Uターン就職」の場合、「帰省した際に明らかに人口が減り、高齢化していることを感じました。今まで民間企業で暮らしや環境に関わるサービスに関わっていました。この経験を自分の地元で広く活かす為に公務員として役に立ちたいと思い、今回応募しました。」と述べるとスッキリします。

公務員の志望動機のポイント3,メリットばかりに気を取られない

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ