Loading...

内定式の服装ルール

884

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内定式には、特に服装の指定がないことも多いですから、どんな服装を着ていけばよいのかすごく迷うところですよね。
いきなりその段階で印象を悪くしていてはさきが思いやられますし、やはり適切な服装でいきたいものです。
そこでここではそんな内定式の服装ルールについて紹介します。

内定式の服装ルール1,指定がなくてもスーツで行くのが常識

 

cc-library010010876

たとえ指定がなくても、内定式の服装としては、スーツでいくのが暗黙のルールとなっています。
内定式とは、内定者が、その会社で働くことを改めて覚悟するために集まる会ですから、
そういう場所に仕事をするのにふさわしくない服装でいくというのは、不適切となります。
仕事の制服ともいえるスーツで行くのが適切なのです。

  • 内定式はスーツで行くのが暗黙のルール

何よりも、誰もがそういう場所にはスーツでくるので、自分だけがスーツ以外の服装で行くとすごく浮いてしまい、悪い印象が残ってしまうことでしょう。
もちろんそれくらいで内定取り消しになったりするようなことはありませんが、それでもいきなり服装なんかで印象を悪くしてしまうのは勿体ないですよね。男女問わず、内定式にはスーツで行くようにしましょう。

内定式の服装ルール2,リクルートスーツで行くと良い

 

内定式の服装としてはスーツで行くのがルールですが、スーツといっても色々ありますよね。
内定式の服装として適切なスーツはリクルートスーツとされています。
もちろんそれは強制されているわけではありませんが、それでもできればリクルートスーツで行くようにしましょう。
内定式というとなんとなくパーティーのような響きがするので、スーツであれば、多少ドレッシーなものでも大丈夫かなと思ってしまうところですが、それでは明らかに場違いです。

  • リクルートスーツで行くのが無難

先述のように、内定式はあくまでも仕事に対する確認の場です。
まだまだ何も仕事のシの字もわからないようなフレッシャーズですから、リクルートスーツで行くのが適切なのです。
リクルートスーツでなくても、服装で印象を悪くしないためにも、暗いネイビーや暗いグレーのスーツで行くようにすると良いでしょう。

内定式の服装ルール3,私服とはオフィスカジュアルのこと

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ