Loading...

合同説明会において気を付けるべき3つのマナー

1026

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同説明会においても、企業説明会やOB訪問と同様に気を付けるべきマナーがあります。人がたくさんいるからと、油断してマナー違反をしてしまっていては、悪い印象を残してしまう恐れだって、十分にあります。そこで、合同説明会での気を付けるべき基本のマナーについて3つ紹介します。

35

ここにキャプションを入れて下さい。

合同説明会のマナー1.アピールするための質問をしすぎない

 

合同説明会でももちろん企業説明会と同じように、いい印象を残せばそれが多少なりとも選考に影響することはあるでしょう。それを知ってか知らずか、合同説明会の質問タイムで、自分のアピールになるような質問ばかり繰り返してしまう学生がまれにいます。しかし、それはマナー違反ですし、逆に悪い印象を与えてしまう可能性が高いのでやめた方が無難でしょう。

  • 簡潔な言葉で質問する方がマナーも印象も良い

あくまでも質問タイムは効果的な質問を、なるべく簡潔な言葉でしていく方がマナーも印象も良いです。「私はアルバイトでこういう経験があるのですが、人材としては、どのような能力がある人が魅力的でしょうか?」などといったような、自分アピールを織り交ぜるのはやめましょう。

このように無理にアピールを含んでも、ただただマナーの悪い残念な人として扱われてしまうので、合同説明会では、特にそのマナーに気を付けてください。

合同説明会のマナー2.誰でも分かるようなことを質問しない

 

合同説明会で質問することは効果的ではあります。それゆえに短く簡潔な質問なら、どんどんしていった方がいいというのも確かです。ただ、だからといって誰でも知っているようなことや、調べれば分かるようなことばかり聞くというのは、明らかにマナーが悪いです。

「そんな事も調べていないのに、なぜここにいるの?」「あとで調べればわかる」「時間がもったいない」と担当者に思われてしまうことは間違いありません。

  • そこでしか聞けないよな質問を作り出す

合同説明会での時間は、無限にあるわけではありません。そのため誰でも知っているようなことや、調べれば分かるようなことばかりを聞いて、その時間を無駄にしてしまうのは、誰にとってもマナーが悪い行為となるのです。

質問をするなら、そこでしか聞けないような情報が得られるように、その合同説明会の間になんとかそこでしか聞けないような質問を作り出していきましょう。それがマナーです。

合同説明会のマナー3.ブース訪問時には挨拶をする

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ