Loading...

外資系企業の面接での3つの英語質問と答え方

430

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系の面接では、よく英語で聞かれる質問というものがあります。そういうよく聞かれる質問は重要度の高い質問ですから、そういう質問にはしっかり対策しておいて、点数を稼がないとなりません。そこでここでは、外資系の面接でよく英語で聞かれる質問と、その適切な答え方を紹介致します。

外資系企業の面接における英語質問1,自己紹介をして下さい

 

manager-462553_640
日本語で書くとシンプルな質問ではありますが、外資系の面接でまず間違いなく英語で問われるのが、自己紹介をしてくださいという質問です。

「Tell me about yourself」「Let me know about yourself」など、聞き方は様々でしょうが、外資系の面接ではまず間違いなく問われる質問でしょう。

  • エピソードも交えて話せるようにすること

名前や学校を答えるのはもちろんのこと、今までに頑張ってきたことなども、エピソード交えて語れるようにしておきましょう。

そうした話をしていくと、次にうまく長所はなんだと思う?ですとかそういう質問につなげやすくなり、アピールがしやすくなります。

ですから、外資系の面接でのこういう質問には、ただ好きなことを紹介したりするような自己紹介をするだけではなく、今までに頑張ってきたことなど、精力的に取り組んできたことを説明できるようにしておきましょう。

外資系企業の面接における英語質問2,貴方の強みはどこにありますか

 

外資系の面接では、強みを明確に示せる人物が評価される傾向にあります。ですから、あなたの強みはどこにありますか?「What is your advantage」ですとか、そういう聞き方で強みを聞かれる類の質問も確実にでてくるでしょう。

  • 自分の強みを裏付けするエピソードをかならず話すこと

自分の強みがどこで、それがなぜこの会社のプラスになるのか、ということを説明できるようにすると、評価が高くなるでしょう。

もちろんただ漠然と「ここが強みで、ここでの仕事のこういうところに活かせます。」とだけ答えても信憑性に欠けるので、あまり面接での評価は高くなりません。

外資系の面接でのこういう質問に対して、明確に強みを示し、評価を高めていこうと思ったら、必ずその強みを自分が持っているということを証明するようなエピソードを紹介するようにしていきましょう。

外資系企業の面接における英語質問3,ここまでくるのに何か問題はありましたか?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ