Loading...

就活が成功する自己PRの書き方とは

672

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の就活では、ネットでのエントリーは常識となりました。
その結果、書類審査の倍率は高まり、倍率も高まっています。したがって、第一関門である書類審査を通過し、面接にたどり着くことがまずは重要です。ここでは、就職活動を成功させるための自己PRの書き方を紹介します。 
 

就活の自己PRの書き方で重要なこととは

 

 
blogging-15968_640
自己PRには、何をやってきたか、何ができるか、就活が成功して就職したらどうしていきたいかの3つのポイントを押さえる必要があります。
さらに大切なのは、自己PRの中で自分ならではのアピールポイントを作ることです。
応募先の企業によって、セールスポイントを変えるのもいいかも知れません。膨大な応募者な中から自分が選ばれるためには、自分の「差別化」が重要であることは常に意識しましょう。 
 

  • まずは自己PRのネタの「棚卸し」をしよう!!

 
具体的な自己PRの書き方ですが、まず最初にするのは、いわゆる「棚卸し」です。
これまで自分がしてきたことをすべて書き出してみましょう。
例えばアルバイト経験だったとしても、場合によっては、社員がするような管理的業務を任されたこともあると思いますし、社員の代わりに電話での応対をしたり、アルバイト先の行事の幹事でもOKです。
これまでの経験を冷静に客観的に見つめるところからはじめましょう。 
 

就活生が自己PRを作る際は今までの経験をブレインストーミングしよう!!

 

 
具体的な「棚卸し」の書き方ですが、まずはこれまでの出来事を時系列で書いてみましょう。
例えば、これまでのアルバイトについて書く場合でも、アルバイトで学んだ、新しい能力を身に付けたのかを自問してみましょう。
まずは少し視野を広げてブレインストーミングしてみましょう。そこから就活しようとしている企業の「求められている能力や経験」に絞っていけば、おのずと良い自己PRが出来あがります。 
 

  • 自己PRの使いまわしは避けること!!

 
自己PRは就活対象の企業によって書き方が異なります。オリジナリティのあるものとすることが重要です。
複数の企業に応募する場合、使い回しをしようとつい考えがちですが、お勧めしません。どの会社でも当てはまることを自己PRしている場合、特に特徴のないスキルをアピールしていることが多々あります。
面接官は使いまわしを見破りますし、面接官の心には響かず就活は成功しないでしょう。 

就活の自己PRで資格を利用する場合の書き方 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ