Loading...

就活の面接対策としてやっておくべき3つのこと

271

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活の面接には、何の対策もなしに挑むとやはり分が悪いです。そのままの自分を評価してくれることなんてそうそうありませんから、もっと自分を磨いておかなければならないのです。でもなかなか面接対策としてどんなことをしたらよいかは、わかりませんよね。そこでここでは面接対策としてしておくべきことを紹介します。

就活中の面接対策1,印象の良くなる話し方を身に着ける

 

DI_IMG_5780500
面接で大切なことは、間違いなく印象です。印象がよくないとどれだけいい話をしていても信憑性がうすいと感じられてしまいますし、そもそものスタートがマイナスなのでその話自体も魅力的な話に聞こえない可能性がきわめて高いです。
ですから、面接対策としてまずやっておくべきことは、印象の良くなるような話し方を身に着けることです。では、どのようにしたら印象の良い話し方となるでしょうか。

  • 印象の良くなる話し方を身に着けるために抑揚のとれた話し方をしよう!!

印象の良くなる話し方を身に着けるためには、抑揚のとれた話し方をしましょう。これだけで面接官に与える印象は大きく変わってきます。普段からそういうことを意識して会話をして、今のうちに面接対策としてしっかり身に着けておいてください。

就活中の面接対策2,印象の良い笑顔を身につける

 

面接には印象が大切なのですから、見た目の印象を良くしておくということも、面接対策としては絶対に避けては通れないことです。面接ではどんなことを見られているかというと、それはやはり人柄と雰囲気です。能力だけなら機械ではかればよいのですから、面接ではむしろ能力よりも人柄や雰囲気が重視されるのです。
ですから、人柄や雰囲気で印象を良くするために、笑顔を身に着けるという対策ははずせないのです。

  • 写真や動画にとりながら笑顔の練習をして不自然にならないよう気を付ける!!

鏡でみるとちょっと脳内で補正されてしまうので、笑顔の練習をする時には、必ず写真や動画で訓練してください。そうしてちょうど良い笑顔の感覚を身につけたら、その状態で喋れるようにしておきましょう。面接対策としては、このように笑顔のトレーニングをすることはすごく効果的ですよ。

就活中の面接対策3,志望動機や自己PRなどを練り直す

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ