Loading...

就活生必見!!キャリアプランの書き方

743

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活では、キャリアプランの書き方が大切になります。
しかし、そうしたキャリアプランは、どうして書いていったら適切になるのかということが分からないという方もたくさんいることでしょう。そこでここでは、就活で大切になるキャリアプランの書き方を紹介していきたいと思います。

キャリアプランの書き方1,4つの項目を意識

 

gahag-0035398378-1
キャリアプランの書き方としてまずいえることは、4つの項目を意識して書くようにしようということです。
4つの項目をもれずに埋めることで、自然と良い印象になっていくことでしょう。では、その4つの項目とはどういう項目なのでしょう。
キャリアプランの書き方として必要になる4つの項目は、会社の将来の予測、自分の能力、それの活かし方、そこまでの道のり、の4つの項目です。

  • 4つの項目の埋め方

会社の将来は、色々なツールを利用して会社が将来どういう風になっているかを予想していきましょう。
自分の能力とはもちろん今と比べて自分のどういう能力が目立つようになっているかということですね。
それの活かし方は、会社の将来と自分の能力を照らし合わせて考えれば良いです。
そこまでの道のりは、なぜその能力が目立つようになったのかを考えていけば、自然と答えられるようになるでしょう。こうして4つ埋めていってください。

  • 4つの項目は小分けにして書くこと!!

これらの4つの項目を意識していけば、自然と良いキャリアプランの書き方が出来ますが、それをさらに良くするためには、小分けにして書いていくというのが必要になります。
小分けにして書いていくことで、より明確にキャリアプランが描けていることが伝わるようになりますし、より印象的になるでしょう。
ですから、出来る限り小分けにして書くようにしていってください。

  • 3年後5年後7年後10年後と考えよう!!

3年後5年後7年後10年後というように小分けにしていくと、より良いキャリアプランの書き方になります。
それ以上小分けにするのは、あまりよろしくありません。それ以上小分けにしてもそれ以上具体的になることはないですから、あまり意味がないのです。
ただただ分かりにくくなるだけでしょう。ですから、小分けにするのはこのくらいで十分なのです。

キャリアプランの書き方2,目標までの道のりを具体的に示そう

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ