Loading...

就職を勝ち抜くために必要な自己PRの書き方

301

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職を勝ち抜くために必要な自己PRの書き方を紹介します。
就職活動において自己PRというのはとても重要です。
ですから自己PRの書き方のツボをおさえることができれば、それだけでぐっと就職を近づけることができるようになるでしょう。
そこでここではそんな、就職を近づけてくれる自己PRの書き方を紹介します。

就職に必要な自己PRの書き方1,自分の強みをアピールする

 

fountain-pen-1053697_640
就職を勝ち抜くために必要な自己PRの書き方として、まず書くべきなのは自分の強みです。
「私にはこんな強みがあります。それにはこんなエピソードがあります。」と、自分のアピールできるポイントと、それを証明する根拠を一気にここに書き記していきましょう。
重要なことは最初に示すというのが文章の基本です。それは自己PRにおいても同じことです。

  • 3つくらい箇条書きで書き出す!

自己PRは一個でなければならないということはありません。
ですから、自己PRでの強みはいくつか書くという書き方がオススメです。
その際には箇条書きで書いていきましょう。
するとより広く自分をアピールすることができるようになり、就職を近づけてくれることでしょう。ただ、多すぎても良くないので、3つくらいにしておくと良いでしょう。

就職に必要な自己PRの書き方2,強みと応募企業があっていることを示す

 

就職を近づけるため、次に自己PRに書くべきことは、それらの強みが応募企業にあっているということです。
それらを書いていくことにより、強みのアピールと同時に企業の差別化を図ることができるようになり、相手は高い熱意を感じ取ってくれるようになるのです。
そうした高い熱意は就職においては必ず必要になるものですから、ここでアピールできるというのは良いのです。
だからこそのこの書き方です。

  • 企業研究が必要不可欠!会社が求める人物像を把握しよう

それを自己PRに書いていくためには、企業研究は不可欠です。会社の事がしっかりわからないと、なぜその強みがそこにあっていると思うかということは書いていけないですよね。
ですから、それを書いていくためにしっかりと企業研究をしていきましょう。
会社の欲しがる人材像や、会社で活きる人材像、実際にどんな人が働いているかなどをきちんと調べ、なぜそこで活かせるかと思うのかアピールする書き方をしていってください。

就職に必要な自己PRの書き方3,強みの活かし方を述べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ