Loading...

就職活動の面接で頻出!3つの質問への対策

598

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動で一番の鬼門となるのが、面接でしょう。この面接にしっかり対策しておかないと内定を勝ち取ることはまず難しいです。しかし、面接対策としてどんなことをしたらよいかなかなかわからないという方も多いでしょう。そこでここでは、就職活動の面接対策として、面接でよく出る3種類の質問への対策を紹介致します。

面接での頻出質問1,あなたの過去に関するもの

 

michelangelo-71282_1280
就職活動の面接では、まず過去に関することについて質問されます。
たとえば「自己紹介をしてください。」という就職活動の面接の序盤でありがちな質問も、今までに自分がしてきたことなどを紹介する過去の質問と考えることができるでしょう。ですからまずは、過去に対する質問に対して対策していきましょう。

  • その経験を今後に向けてどう活かせるかを説明すること!!

過去に関する質問への対策法としては、その経験を通して、その仕事で活かせるどういう力が身についたかを説明できるようにすることです。
たとえば自己紹介なら、
「こういうことに力を入れてきました。それによりこういう力が付きました。それはこの会社に就職できたら、この仕事のこういうところで活かせると思います。」
と説明するのです。就職活動の面接での過去の自分への質問への対策としては、過去の自分の行動について細かく振り返りながら、それによりどんな力が身に付き、それはその会社のどんなところに活かせるか、一つ一つ考えていくことが適切な対策法となります。

面接での頻出質問2,現在のあなたに関するもの

 

就職活動の面接で、次に出てくる質問は、今の自分に関する質問です。「今なぜこの会社を志望しているのですか」という質問は今に関する質問でしょう。

つまり今の質問とは、言いかえれば、熱意に関する質問です。この質問でしっかり相手を納得させることができないと、就職活動の面接を勝ち抜いていくことは難しいでしょう。

  • なぜ他社ではなくてこの会社なのかをしっかりと説明すること

就職活動の面接でのこういう質問に対策して、今どのくらい熱意があるのかを伝えるためには、「何故他社ではなくてこの会社なのか」ということを説明する必要があります。

すなわち、その会社の事をすごく調べることはもちろんのこと、同業他社についてもきちんと調べて、論理的に、その会社でなければならなかった理由を説明しなければならないのです。しっかり企業研究を行って、相手を納得させる答えを用意するというのが、適切な対策方法となります。

面接での頻出質問3,将来の自分に関するもの

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ