Loading...

就職活動を成功させる自己PRの書き方

386

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動で書く必要がある履歴書やエントリーシートですが、その中には必ず自己PRを記載する欄が存在してます。
そのため企業に対しての自己PRを書く必要が出てくるのですが、魅力的な自己PRの書き方を知らないとなかなか相手に内容が伝わらないと言うこともあります。

自己PRの書き方1,企業にプラスになる内容を記載する

 

coffee-1034851_960_720
就職活動においてのエントリーシートや履歴書の内容というものは、非常に重要な意味を持つものだと言えます。
なぜなら企業はまず履歴書やエントリーシートで申込者を判断すると言えますし、もっと言えばエントリーシートや履歴書でしか応募者がどのような人物かを判断できないともいえます。

  • 採用担当者は応募書類でしか就活生を判断できない!

そのため就職活動ではエントリーシートなどの自己PRの書き方が非常に重要になり、自己PRの書き方次第では就職活動がうまくいかないと言うことも考えられるわけです。
基本的に就職活動における自己PRの書き方で重要なのは、自己PRが企業にとってプラスになる内容かどうかが重要だと言えます。それを無視した内容では全く意味をなさないとも言えます。

自己PRの書き方2,内容は具体的に!

 

就職活動でエントリーシートなどに記載する自己PRの書き方ですが、NGな自己PRの書き方とがあります。
まず1つ目は抽象的な内容の自己PRは書くだけ無駄だと言うことです。
これはなぜかと言うと、抽象的で具体性に欠ける内容での書き方の場合、企業に何をPRしたいのかがまず伝わりませんし、
抽象的な内容=曖昧な内容とも受け取れますので、説得力にも欠けてくると言えます。

  • 抽象的な表現や誰でも出来るような能力は絶対に書かないこと!

次に誰もが出来るようなことをさも自慢げに自己PRで書いてしまうのも就職活動においてNGだと言えます。
これは誰でも出来ることを自己PRにしてしまうと言うことは、自分の能力がそれほどないと言っているのと同義だと言えますし、誰でも出来ることは出来て当たり前のことですので、それを就職活動での自己PRに書いてしまうのはやはりNGな書き方だと言えます。

自己PRの書き方3,自身の強みを実体験に絡めた内容を記載する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ