Loading...

就職浪人をして既卒で就活をする際に知っておくべきポイント

935

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職浪人は、内定を貰えなかった為に翌年も就職活動をしなければならなくなる人のことです。その際には、既卒扱いとなるため、新卒採用のみの企業には応募できなくなります。そこで今回は、就職浪人をして既卒で就活をする際に知っておくべきポイントを3つご紹介します。

254

ここにキャプションを入れて下さい。

ポイント① 就職浪人は基本的に評価が下がる

 

新卒にはブランドがあるので、就職浪人をして既卒扱いになれば、基本的に新卒よりも評価は下がります。

就職浪人は、どれだけ就職活動を頑張っていたとしても、どの会社からも欲しがられなかったということです。そのため、面接の際に既卒者は多少の色眼鏡で見られます。

  • 不信感を抱かれる可能性が高い

就職浪人の場合、たとえ多くの企業に応募して就職活動を頑張っていたとしても、その努力を認めてもらえるケースはほぼありません。「それだけ多くの会社から必要とされないとはどういう人物なのだろう」と不信感を抱かれる可能性があります。

  • 既卒は就活において不利になるケースが多い

就職活動が上手くいかなかった場合には、途中で投げ出してしまい、翌年に内定を貰おうと考えがちですが、既卒の不利を知っておくことが大切です。また、あえて留年をすることで、新卒ブランドを保持ができるので、留年することを視野に入れる人もいます。

ポイント② 既卒3年以内は新卒と同義

 

既卒で3年以内は新卒と同じように見られますが、わざわざ数多くいる新卒者ではなく、新卒と同義であっても事実上の既卒者を採用する意味はありません。

就職浪人は、既卒で3年以内は新卒と同義として見られていることに油断をして、そのままフリーターになってしまい、20代後半に入ってもまともな就職先が見つからないという事態に陥る可能性があります。

  • 空白期間を埋める正当な理由が必要

企業が必要としているのは、優秀な人材です。就職浪人をして既卒であっても、空白期間を埋める何かがあれば対等とまではいかなくても、新卒者とあからさまに評価に差を付けられることはありません。

下記のような面接官に納得してもらえる理由を考えておきましょう。
◆留学をして勉強をしていた
◆家庭の事情で仕方なく就職浪人をした など

ポイント③ 既卒者は経験を求められる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ