Loading...

市役所の公務員試験を受ける上でのポイント

357

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員と言えば代表的な職場として市役所があげられます。
では市役所の公務員試験が受けられる年齢や、試験の内容について分かりやすくご紹介します。
これから市役所の公務員試験を受けようと思っている人はぜひ参考にご覧ください。

市役所の公務員の試験を受けられる年齢とは

 

mt-fuji-477832_1280
全国の市役所でそれぞれ細かい決まりが異なりますが、平均して受けられる年齢としては、21歳から29歳前後とされています。
地方ごとに多少異なるため、自身で受けたい市役所の公務員の試験が何歳から受けられるのか調べる必要があります。

  • 住所などの諸条件にも注意が必要!!

また、それぞれに住所がこの土地になければならないなどの、他の条件も追加される場合が出てくるため、年齢以外にも受ける際には注意が必要となります。
大学卒業が必須になっていて、公務員の試験を受ける事が出来る出来ないなどの資格は、やはりそれぞれの市役所によって異なります。
しかし、ほとんどの市役所の公務員の試験には、大学卒業を必修とする決まりはないと言えます。
そしてそれぞれの年齢制限は、受ける年の4月1日時点での年齢となるので、期限の指定も注意しましょう。

市役所の公務員の試験の内容とは

 

市役所の公務員の試験の内容としては、大きく分けると2つに分類されます。

  • 教養試験とは

まず一つ目が教養試験です。
教養試験は一般的な知識や教養についてを40問を目安に出題されます。

高校で学習した社会や政治、歴史についての問題や自然についての地学や科学、物理についての内容が出題されます。
また素早い対応や理解力があるかを調べるとして、数的処理や資料読解力もふくまれています。

  • 専門試験とは

二つ目は専門試験です。
大学卒業レベルの試験となります。刑法や民法、労働法などの法律問題を始め、経済原論や財政学などの経済問題、その他には国際関係や政治、社会政策を織り込んだ行政問題も出題されています。

それぞれの市役所によって異なり、公務員の試験として教養試験のみ実施する市町村もあります。試験合格者は面接へと移り、その後、合否が確定する内容となっています。

市役所の公務員の試験の日程とは

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ