Loading...

役員のボーナスに関するポイントまとめ

269

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

報酬などで非常に恵まれている感じを受けるのが役員です。
将来的には重役や役員を目指そうとする人には一つ気をつけなければいけないことがあります。
それはボーナスの扱いで、あまり支給額をあげると利己的な判断をしたと言う批判を受けかねないのです。

役員はボーナス以外に役員報酬を受け取っている!

 

bsOY151013489738
役員は様々な決定権を持ち、会社の重要事項に対して意見を述べる立場にあります。
もちろん、他の役員の意見や承認が得られない場合は出来ないことが多いのも事実ですが、一般的な社員よりも格段に発言力はあるものです。
その分職責も大きく、ボーナスの金額も大きくなりがちと言うイメージもありますが、ただボーナスの金額が増えると言う訳ではないのに注意が必要です。
役員は役員報酬と言う報酬を受け取っています。

  • 役員は役員報酬の分、職責も大きい!ただしボーナスの額が増える訳ではない

業績などの評価も役員報酬の増額と言う形で支給される場合が多いのです。
別形体での報酬を受け取っているため、ボーナス自体がない場合もあります。これは税法上の問題も関わっており、支給したくても支給できない場合もあるのです。

役員のボーナスには多くの税金がかかる!

 

一般的に会社員に支払うボーナスは決算の際に損金として扱い、節税のために使えるものとなっています。
ところが、役員のボーナスの場合は区分が違っており、法人税などの様々な課税がされるようになっているのです。
これは役員がボーナスの支給などを積極的に利用し、会社を私物化しないための措置であり、経営者がそれを知らずにボーナスを渡してしまえば後で追徴金などを含めて、会社に大きな損害を与えてしまう可能性があるのです。

  • 役員へボーナス支給で数百万の課税をされるケースもある

特に報酬が大きい役員は、ボーナスを数カ月分渡しただけで数百万単位の課税をされるケースが珍しくなく、企業側としてもボーナスで渡すのは避ける形にしたいのです。
役員報酬については節税に使える範囲のため、支給の方法にも神経を使う必要があります。

役員報酬はボーナス分を含めた金額が提示される

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ