Loading...

役員面接への効果的な対策法3点

354

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活では最終面接として役員面接を設けているところもあります。これは社長との一対一の最終面接とはまた違った対策が必要だったりするものです。そこでここでは、就活の役員面接での効果的な対策方法についてご紹介します。

役員面接への対策1,会社の利益になる理由を考える

 

entrepreneur-593361_640

役員面接への対策法としてまずすべきことは、自分が会社の利益になるという理由を考えるようにするということです。

役員面接は、減点方式ではなく加点方式で進んでいく場合がほとんどです。今までの面接では失言をしないで、無難なことを言っていれば問題なかったかもしれませんが、役員面接だけはそうはいきません。ですから、自分の加点となるような言葉を用意しないとならないのです。

  • 役員面接では会社にどのくらい貢献できる人物かどうかを見られている!!

そして、役員面接で一番の加点となるのが、自分がいかに会社の利益になるかを、論理的にきちんと説明するということです。

役員は会社の中でも経営にかかわる大切なポジションを担う人達ですから、そのようにしっかり利益をだせることが分かれば、雇いたいと思い、加点されていくものです。

ですから、役員面接の対策として、自分のこういう強みが会社のこういうところで活かせ、それによりどの程度貢献できるのかということを説明できるようにしておきましょう。

役員面接への対策2,行動原理を説明できるようにする

 

今までの行動原理を説明できるようにするというのも、役員面接の対策としては欠かせないことです。

役員面接では、今までに何をしてきたのか、そこでどんなことを学んだのかということよりも、「何故そのことをしてきたのか」ということについて掘り下げて聞かれることが多いです。

そこで「なんとなくそれを続けてきた」ですとか「流れで~~」ですとか、きちんと行動原理を説明できないような回答をしていたら、役員面接を突破することはまずできないでしょう。

  • 「なぜそれをしたのか」を相手に説得できるように説明すること

ですから、役員面接の対策として、自分の過去の行動を振り返りつつ「何故をそれをしたのか」「何故をそれをつづけてきたのか」ということを説明できるようにしておきましょう。

しっかりそれが説明できるようになれば、軸のしっかりした人物と思われ、加点されていくことでしょう。

役員面接への対策3,経営に関する逆質問を用意

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ