Loading...

志望動機における「御社」「貴社」など注意すべき正しい言葉遣い

3038

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望動機を作成している中で、相手の会社の名前を書かなければならないときは多発してきますよね。そうした際には、「御社」と書くべきなのか「貴社」と書くべきなのかが分からなくなってくるものです。そこで今回は、御社なのか、貴社なのか?志望動機で気をつけるべき正しい言葉遣いについてご紹介します。

72

ここにキャプションを入れて下さい。

志望動機を「書く」ときには貴社が正しい

 

志望動機を書くときには、御社ではなく、貴社と書くようにしていきましょう。貴社というのは書き言葉で、御社というのは話し言葉だと言われています。そのため、志望動機を書く際には「貴社」と書くように注意していきましょう。

  • 間違った言葉遣いは印象が悪くなる

志望動機を書く際には、こういった細かい言葉遣いは意外に見られているものです。間違った使い方をしてマイナスなイメージを与えないように気を付けていきましょう。

誰もが貴社と記載している中、一人だけ御社と記載していたらやはり悪目立ちしてしまいますよね。そうしたところで、せっかく作りあげた志望動機の評価を落としてしまうのはやはりもったいないです。そうならないように、志望動機の中で相手の会社について「書く」時は貴社と記載するようにしていきしょう。

面接で志望動機を「話す」ときには御社

 

では「御社」はどういう時に使うのでしょうか。これは、上記でお伝えした志望動機を面接で話す際に使います。通り、御社は話し言葉なのですから、当たり前ですよね。面接中には何かと相手の会社について言及することがあると思います。「御社のこういうサービスに惹かれて…」という話や「御社に興味を持ったきっかけは○○で…」という話など、志望動機のみならずたくさんの場面で御社という言葉を使うシーンが出てくるでしょう。

  • 口にするときに間違えないように注意する

書類上では貴社なのですが、口にするときは御社なので、ついうっかり貴社と口にしてしまいがちになるところですが、そうならないように気をつけていきましょう。

そうはいっても、書類と違って、面接で志望動機を話す際にはそこまで貴社や御社などの、書き言葉や話し言葉の違いについては意識的に聞いている人はいないでしょう。数回間違えるくらいなら見逃してもらえる可能性も高いです。どちらかというと、書くときに御社と書かないように重きを置いて注意した方が良いでしょう。

志望動機で気を付けるべきその他の話し言葉

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ