Loading...

手書きで自己PRを書く時の注意点

254

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動で最初の関門は書類選考。書類が通らないことには話になりません。
出身大学や学部、資格など、今さらどうにもならないことが多いです。
でも、コツさえわかれば大丈夫でどの会社も確実に重要視する部分があります。それが自己PRです。
今回は、魅力的に見える自己PRのコツについてご紹介します。

エントリーシートに記載する自己PRは手書きがベスト!!

 

-shared-img-thumb-HIRO95_yuubaenokage_TP_V
間違うたびに紙と労力を無駄にする手書きと違い、パソコンで作成すれば誤字脱字もクリック一つで訂正できますし、字が汚くてもばれません。
他の会社に使った内容のコピーであってもエントリーはできます。

自己PRは手書きの方が熱意が伝わる

ですが、採用担当者によってはどんな魅力的な内容、工夫した自己PRを書いたとしても手書きでないというだけで読んでもらないことすらあります。
文字の綺麗汚いではなく、丁寧に書いているかどうかは見ればわかります。基本的には採用担当者に熱意が伝わる手書きで書きましょう。例外として、パソコンでの作成でも良いとしている会社であっても、名前と自己PR等に手書きの箇所をまぜるなど、工夫しましょう。

自己PRの効果的な書き方とは

 

自己PRを書くにあたって「企業の求めている人物像を考えて書く人」と「自分の良さを素直に書く人」がいます。
書類選考では前者の方が強いと思うかもしれませんが、採用担当者からみると「似たり寄ったり」の内のひとりになってしまいます。
それに、書類選考に通り面接で深く掘り下げられたとき、よほどその企業の研究をしていないと答えにつまる場面がでてきます。
採用基準の中に「実際にうちの会社でやっていけそうか」というものもありますので、嘘の人物像で採用された場合あまりにも本来の姿と違うと社風に合わなくて辛い思いをするのは自分です。

自己PRは”自分の良さを素直に書く”方が効果的!!

ですので、基本的には自己PRは後者のスタンスのほうが良いです。先ほど手書きで書く方が良いと述べましたが、手書きのメリットとして自然な形で自分の強みのキーワードを大き目に書いたり余白を入れて目立つように書いたりすることもできます。
自己PRは面接でも必ず掘り下げられる部分です。手書きでさりげなく目立つようにキーワードを盛り込んでおくことで、面接で聞かれるであろう質問をイメージトレーニングする際にも役立ちます。

自己PRを手書きをする前に第三者にチェックを受けよう

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ