Loading...

新卒の私が3カ月で会社を辞めた話【中編】

4869

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒で入社した私が3カ月で会社を辞めた話【中編】をご紹介します。
《前編はコチラ→新卒の私が3カ月で会社を辞めた話【前編】
前編では主に、入社前の研修から入社式後の研修時のエピソードをご紹介しました。
中編では入社後の話を中心にお伝えしていきます。
これから就職活動を始める方、今の内定先に不安がある方、この話を参考にもう一度”就職先の選び方”について考えてみましょう。

新卒の私が3カ月で会社を辞めた理由1,本社との認識の違い

gahag-0020272269-1
本社での研修後、翌週から配属先の介護施設に出勤しました。
施設長は、人柄も良く大らかで気さくな方でした。
先輩社員の方々もいい人で、職場環境には恵まれていましたね。

ですが、そもそも営業志望で就職活動をしていたので、介護職に就くことは想定外のこと。
それに、介護・看護などの仕事には就けないというある事情がありました。
その事情は仕事に支障が出るものでした。
そこで、上司やOJTでついてくれた先輩に、事情を説明した所、先輩社員の方々から衝撃の一言が。

あれ、最初から介護希望じゃなかったの?

介護職の方から見たら、新人の職員が来たという認識は当然といえば当然のことですよね。
グループ会社の総合職で入社しました、と答えたら「なんでここにいるの?」と聞かれました。
この会社は、大元のグループ会社が細分化され、各事業部が会社になっています。
たとえば●●株式会社××事業部→●●グループ株式会社→××会社といった感じです。
私は●●グループ株式会社の総合職で入社して、介護事業を行っている××会社に配属されたので、
施設で働いている方は××会社の中途採用で入社してきた方ばかりなので、大元の●●グループ株式会社についてはあまり知らなかったのです。

この時点で内定辞退のやり方を知っていたら、良かったんですが…。

新卒の私が3カ月で会社を辞めた理由2,人事部長の嘘

startup-594127_640
5月。仕事もろくに出来ないまま1カ月が経ちました。
慣れない仕事に四苦八苦しながら、「自分は希望の部署にも配属されずに、今、一体何をやっているのだろう」と、毎日ふとした瞬間に考えていました。

そんなある日、地域のグループ長が私のいる施設に訪ねて来ました。
グループ長は本社に席があるため、人事について知っているはずだと思い、今後の異動について相談しました。
しかし、人事については何も聞かされていないという回答。
せっかくなので、新卒全員と面談すると公言した話について聞いてみたところ、「人事部長がそう言ったのならあると思いますよ」と言われました。
その時、私は面談があるなら今後の異動について相談できるかもしれない、と内心期待していました。が、それも裏切られることとなります
そう、結局6月になっても面談はなかったのです。

私が退社したのは7月。
その後も面談は行われることはなく、8月ごろに辞令が下り、介護職のままで施設だけ移動という形だったそうです。
就活生の中でも迷っている方は、先に内定辞退の方法を押さえておいた方が良いです…私はほんとうに入社したことを後悔したので…。

新卒の私が3カ月で会社を辞めた理由3,思いがけない提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ