Loading...

最終面接後に送ると好印象なメールの作り方

1065

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終面接は、それが最後の面接になりますから、それまでの選考のお礼を込めて、メールを送るというのが許されています。
この最終面接の後のメールで印象を良くしてポイントをアップさせ、逆転内定につながるということもあります。ここではそんな、最終面接後に送るとポイントがアップするメールの作り方を紹介します。

最終面接後のメールのポイント1,お礼を述べる

 

0d4423b3705f49775cc617802d6ad684_s

最終面接の後のメールでは、あくまでもお礼のメールであるということをアピールしなければなりません。
面接後にメールでただただ自分の良さだけをアピールされても迷惑ですし、それだけをアピールしても、「アピールしたいことがあったなら正当に面接で伝えてよ」と思われて逆に印象が悪くなってしまうことすらあるでしょう。
そうなってしまうのであれば最終面接の後のメールなんて送らないほうがはるかにましですよね。これから取り戻す機会もないわけですから。

  • あくまでも選考のお礼であることを強調すること

ですので、そうならないように、最終面接のメールでは必ず、選考活動のお礼を述べるところから始めるようにしましょう。
件名も「最終面接及び選考活動のお礼 ○○大学○○」などとして、あくまでもお礼のメールであるということをアピールできるようにしてください。
それから宛名を入れて、「○○大学○○学部○○学科の○○と申します。先日は最終面接のお時間を頂き誠にありがとうございました。
また、これまでの選考の活動のお時間を頂きましたことも、重ねて御礼申し上げます。」と書き始めると良いでしょう。

最終面接後のメールのポイント2,感想を述べる

 

そうしてお礼を述べたら、メールの本文に次に書くべきは、最終面接の感想です。「最終面接で○○様とこんな話をして入社意欲が高まった」ですとか、「最終面接で○○様と○○についてお話しして、改めて○○様の下で働きたいと思うようになった」ですとか、そうしたポジティブな内容で、入社意思の高さをアピールしていきましょう。
最終面接では、入社意思の高さを伝えるということがすごく大切になります。ですから、最終面接の後のメールでもそのことをアピールしていくのです。

  • どんな話をしたのか具体的なことも記載すること

また、メールの内容にそうして最終面接での内容を盛り込むことで、使いまわしでなく、改めてきちんと最初から作成した手の込んだメールであることが伝わり、誠意が伝わるようになります。
ですから、最終面接の後のメールには、どんな話をしたのかという具体的なことも記載して感想を述べるようにしましょう。

最終面接後のメールのポイント3,最後に多少のアピールを加える

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ