Loading...

未経験の職に挑む際の職務経歴書での自己PR方法

412

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職務経歴書は転職の時には欠かせない応募書類の一つになっています。
しかし、転職先の分野が未経験であったり経験が少ないと自己PRなどをどう書いたらよいか迷うこともあります。
未経験の転職の場合には次に紹介するようなポイントに気をつけるとよいでしょう。

職務経歴書に”未経験”と書いても転職はできる!!

 

wax-71192_960_720
今日では転職の場合は経歴書を提出するのが一般的になってきています。
未経験では関係のない経験ばかり並んだ職務経歴書を出す意味がないと思うかもしれません。
しかし、職務経歴書はその人の能力などを示す書類です。転職の際には必ず用意するようにしましょう。
職務経歴書には今まで経験した職務はもちろん、終わりに自己PRも付け加えます。未経験の場合はとくにこの自己PRで自分の意欲や能力をアピールすることが重要です。

未経験でも意欲があるなら転職活動してみる価値はある!

転職の場合は今までの経験が重視されやすい傾向があります。
しかし、すべての転職者が経験者ではありませんし、企業側もどうしても経験者の即戦力がほしいこともあれば、未経験でも意欲があるなら採用するという場合もあります。
本当にその分野に転職したい、という熱意があるなら、たとえ未経験であっても転職活動してみる価値は十分にあります。

職務経歴書の自己PRは自己分析・企業研究から始めよう

 

職務経歴書の自己PRは自分の経験と応募先の企業の職務をすり合わせることが必要です。
未経験の場合はなかなか直接的に次の仕事に役立つ経験が見当たらないかもしれません。
しかし、例えば前職が事務系であり、次の仕事でも事務作業があるならそれを共通点とできます。接客などのコミュニケーション能力もいろいろな場面で役立つはずです。しっかり自己分析と企業研究をおこなっていれば、必ず役立つ経験が見つかるはずです。

職務経歴書からは意欲が伝わる!使いまわさないこと

多くの企業に応募していると、どうしても書類の制作がおろそかになりがちです。
しかし、同じ職務経歴書を複数企業で使いまわすべきではありません。どこでも通用するような自己PRは本当にその応募先について知っているのかと思われます。
特に未経験の場合はその企業に対する意欲も大きなひとつの判断材料です。応募先について調べてもいないような自己PRでは意欲を疑われても仕方ありません。

職務経歴書には意欲を示すために資格・勉強についても書く

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ