Loading...

理系学生が自己PRで注意すべきポイント

289

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理系の学生の自己PRには注意すべきポイントがあります。
そこを押さえて表現することで、く魅力的なPRになります。自分では当たり前のことで、PRするほどではないと思っていることでも、
十分に強みとして相手に伝える価値のあるものが沢山あります。自分を客観的に見ながら、アピールポイントを探して行きましょう。

理系学生は自己PRで読めばわかる文章を書こう!

 

gahag-0035398378-1

  • 結論から書く

理系の学生は結論から先に述べることが苦手な傾向にあります。先に結論を話すなど、日頃から心がけておきましょう。

  • 一文は短く(できれば40字以内)

理系の学生は、説明が長くなる傾向にあり、短い文章を書くことも苦手な傾向にあります。日頃から短くわかりやすい文章をかけるようにしておきましょう。

  • 具体例、数字、固有名詞を用いて具体的に

2名だけのテニス部の部長をしていた人と、50名の部員がいるテニス部の部長では、おのずとその役割が違います。このように具体例を出し数字で示して説明することで、相手にとって非常に理解しやすくなります。

  • 箇条書きになっても良い

読み手にとって理解しやすい書き方の一つは箇条書きにすることです。

  • すべての欄に自己PRを

どんなにスペースが小さくても、自己PRに繋げて書くことが大事です。趣味の欄に「音楽」と一言だけ書くのではなく、「楽譜も読めない状態から、大学のマンドリンクラブで基礎から猛勉強。2年後には演奏会でソロ演奏をするまでに上達!」というようにPRに繋げます。

理系学生が自己PRを書く上での注意点

  • 失敗経験を書くことも効果的

採用担当者は、失敗を糧にできる学生に関心を寄せやすいのです。ですので、自分には成功例がないと諦めないで、失敗の経験を書いてみましょう。

  • 必要以上に自分を大きく見せない

エピソードの内容と食い違いが生じないように、常に注意を払いましょう。自分が行ったことを必要以上に強調しすぎて、読み手の期待が必要以上に高まってしまうことは良くありません。事実に忠実になることが重要です。

  • 継続性を感じられるエピソードを書く

単発の経験、短期間の活動を書いたものは一過性のものと考えられやすく、説得力に欠けやすいことがあります。継続性のあるエピソードを書くことで、あなたが入社してからの活躍ぶりを想像することができます。

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

理系学生が自己PRをする時には”あなたの良さ”を伝えること

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ