Loading...

筆記試験の結果を面接で挽回する方法

1073

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職試験を受けていて筆記試験がほとんどできなかったのに次の面接への連絡をもらう場合もあります。
それでも筆記試験の悪かった結果は残ってしまうので面接で挽回したいところですね。
面接で後から挽回して好印象を与える方法についてご紹介しましょう。

筆記試験が建前である場合の対策とは?

 

0d4423b3705f49775cc617802d6ad684_s
明らかに筆記試験の出来が悪かったのに面接に呼ばれる場合には、筆記試験を建前で行っている場合もあります。
会社が筆記試験を行うのは多くのエントリー者を振り分けるための目的であることが一番ですが、筆記試験の出来如何にかかわらず、学校名だけで面接者を選びたい時にも行われます。

筆記試験の出来が悪かったのに面接に呼ばれたということはあなたの大学がターゲット層である確率が高いでしょう。

  • 志望度の高さをアピールすること

その場合、面接の際に注意しておきたいポイントは以下の通りです。

・会社への志望動機が本当であることをアピールする
・学校で勉強以外に打ち込んだことをアピールする
・面接官に確実にやる気を熱意を伝える

同じ大学、もしくは同レベルの大学で筆記試験の結果が良かった学生には差をつけられていることになります。
面接での挽回が必要だということになりますので、志望度の高さをアピールしましょう。

面接重視の会社である場合のアピール方法

 

どこの会社でも新卒採用の場合は筆記試験をしてからその合格者を面接するという流れが多いです。
より多くの学生と面接をするために会社によっては筆記試験の合格基準をかなり低く設定している場合もあります。
そのような会社である場合には勉強ができるかどうかということはあまり気にしていないことになります。
面接でもマニュアル通りではなく、自分だけのオリジナルの回答ができるような学生を求めているのではないでしょうか。

  • 自分の付加価値についてアピールすること

そんな会社への効果的なアピール方法は以下の通りです。

・自分がその会社の仕事をすることによってどうなりたいのかをアピールする
・その会社の仕事の改善案など具体的な提案をする
・言われた仕事をこなすだけではなく、自分で考えて仕事に新たな付加価値をつけていけることをアピールする

勉強重視でない会社が筆記試験の結果にこだわらず、多くの学生を面接する場合には学生の積極性や独創性を求めていることが多いです。
面接では優等生的な回答ではなく、オリジナリティを感じさせるような回答をしましょう。

筆記試験の結果を重要視する面接官への対策

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ